EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

「ビスケット」が目指すプログラミングの大衆化――生みの親・原田氏がその特徴と活用ポイントを解説

「コンピュータと学び」のフォーラム 2019 春 レポート

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/03/26 07:00

 プログラミング教育の展望を考えるイベント『「コンピュータと学び」のフォーラム 2019 春〜「プログラミングの取組み」を考える 〜』が、2019年2月22、23日の2日間にわたって明星大学にて開催された。主催のCOPERUをはじめ、学校、民間のスクールなどでプログラミング教育を実施している先生方による発表が行われた。初日の22日には、「ビスケット(Viscuit)」の開発者で合同会社デジタルポケット代表の原田康徳氏によるセッションが2つ設けられ、その設計思想に触れる貴重な時間となった。今回は、ビスケットを切り口に、子ども向けプログラミング言語のタイプを整理しながら、セッションについてレポートする。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー(最新順)

連載:イベントレポート(プログラミング教育)

もっと読む

著者プロフィール

  • 狩野 さやか(カノウ サヤカ)

     株式会社Studio947のデザイナー、ライター。ウェブサイトやアプリのデザイン・制作、技術書籍の執筆に携わる。自社で「知りたい!プログラミングツール図鑑」「ICT toolbox」を運営し、子ども向けプログラミングやICT教育について情報発信している。著書に『見た目にこだわる Jimdo入門』(...

おすすめ記事

All contents copyright © 2017-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0