SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

執筆者一覧

中尾 真二

フリーランスのライター、エディター。

アスキーの書籍編集から始まり、翻訳や執筆、取材などを紙、ウェブを問わずこなす。IT系が多いが、たまに自動車関連の媒体で執筆することもある。インターネット(とは当時は言わなかったが)はUUCPの頃から使っている。

中村 薫(学校法人角川ドワンゴ学園)

 秋田県立能代高等学校、東北大学 教育学部 卒業。

 2003年4月(株)ベネッセコーポレーション入社。通信教育「進研ゼミ 中学講座」の国語教材の企画・制作や保護者向け情報誌、47都道府県別入試情報誌の立ち上げを担当。2007年12月(株)角川メディアハウス入社。映画館でのみ販売するカルチャー誌『Theater Culture Magazine T.』の創刊メンバーとして企画・編集に携わる他、「ウルトラミラクルラブストーリー PICTURE BOOK」など映画関連書籍を多数出版。2011年4月(株)ベネッセコーポレーション再入社。ニンテンドーDSとコラボした「得点力学習DS」の企画開発や都立入試の集団討論対策ワークショップなどを手がける。2020年1月学校法人角川ドワンゴ学園入職。

中村 一彰(株式会社ヴィリング)

 株式会社ヴィリング 代表取締役。教育学部を卒業後、民間に就職。大手とベンチャーの2社に勤務したのち、小学生向け教育事業を行う株式会社ヴィリングを創業。

 民間学童「スイッチスクール」(5拠点)、STEM教育スクール「STEMON(ステモン)」(80拠点)、探究型学習スクール「BOKEN」(5拠点)、文章題専門算数「よみとき」3拠点を展開。

 東京都プログラミング教育推進事業者(2018、2019年度)、大阪市プログラミング教育推進事業者(2017、2018、2019年度)。2017年度は小金井市立前原小学校にて5年生の理科講師としても勤務。二児の父。著書『AI時代に輝く子ども』。

中村 俊介(株式会社しくみデザイン 代表)

 株式会社しくみデザイン代表、クリエイティブ教育ラボ所長。

 名古屋大学建築学科卒業後、九州芸術工科大学(現九州大学)にて博士号(芸術工学)を取得。AR楽器アプリKAGURAをはじめ、参加型サイネージや、ライブコンサートのリアルタイム映像演出等、数々の日本初を手がけており、アメリカ、スペイン、中国など世界各国30個以上のアワードを受賞している。現在、クリエイターをクリエイトするクリエイターとして、世界中すべての人がクリエイターになれるように活動中。

中村 仁美

 大阪府出身。教育大学卒。大学時代は臨床心理学を専攻。大手化学メーカー、日経BP社、ITに特化したコンテンツサービス&プロモーション会社を経て、2002年、フリーランス編集&ライターとして独立。現在はIT、キャリアというテーマを中心に活動中。IT記者会所属。趣味は読書、ドライブ、城探訪(日本の城)。ネコと歴史(古代~藤原時代、戦国時代)好き。

長澤 瑞木(東京学芸大学大学院 修士課程)

1995年生まれ。北海道教育大学 札幌校 教育学部卒。学部生4年次に石川尚子コーチとの出会いから「コーチング」を学ぶ。6月にコーチングが学校教育の基盤にあるオランダに行き教育視察を行う。10月には教育×テクノロジーの最先端を学ぶべく、アメリカ・カナダに教育視察を行う。どちらの視察もクラウドファンディングページを立ち上げ、2つのページで約410万円の資金を集める。2019年4月からは東京学芸大学大学院 修士課程 教育AI研究プログラムに進学。

長谷 康司(paiza株式会社)

paiza学習事業部 チームリーダー/教材企画・開発。

金融系SIer、チームラボ株式会社での開発エンジニアを経て、学校法人・専門学校HAL東京の講師として3年間Java/PHPなどについて講義を行う。その後ZOZOテクノロジーズの前身である株式会社スタートトゥデイ工務店にて再度開発エンジニアとして従事。2017年、ギノ株式会社が運営する転職・就職直結型プログラミング学習サービス「paizaラーニング」のディレクターに就任。学習コンテンツの企画・開発から「paizaラーニング」のシステム設計などを担当。

鍋島 英莉(編集部)

2019年に翔泳社へ入社し、CodeZine編集部/EdTechZineに編集部に配属。同志社大学文学部文化史学科卒。

西端 律子

 大阪大学人間科学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士前期課程修了。大阪府立工業高等専門学校専任講師、大阪大学人間科学部助手を経て、畿央大学教育学部・畿央大学大学院教育学研究科教授。博士(人間科学・大阪大学)。

 学部時代に「放送・視聴覚教育」に興味を持ち、その後、コンピュータなどの情報教育も専門となる。現在は、小学校や特別支援学校でのタブレット活用が専門分野である。

 文部科学省中央教育審議会情報ワーキンググループメンバー。Microsoft MVP for Windows and Devices for IT(2016-)。

能登 信晴(株式会社リブセンス VP of Engineering)

 1996年、慶応義塾大学環境情報学部 (SFC) 卒業後、日本電信電話(NTT)入社。情報通信研究所、サイバースペース研究所にて検索エンジンの研究開発に従事。

 2004年、ディー・エヌ・エーに入社し、以来さまざまな製品の企画・開発を行うとともに、2008年よりエンジニアリンググループのマネジメントを担当。2010年、エンジニアの採用・育成を専門的に手がける技術戦略部を設立し、部長に就任。

 2012年に独立、ソフトウェア・エンジニアリングと人事・組織領域におけるコンサルティング・サービスを行う。

 2017年より株式会社リブセンスの支援を開始、2018年 VP of Engineering 就任。

野本 竜哉(一般社団法人iOSコンソーシアム 代表理事)

 静岡県磐田市出身。大学・大学院で情報工学の立場から教育のICT化について研究し、2009年より通信事業者でエンジニアとして国際通信回線の保守運用、私立学校へのICT導入SE等に従事。2014年には一般社団法人iOSコンソーシアム「文教ワーキンググループ」リーダーを兼務し、2019年には同社団法人の代表理事に就任した。

 高校生のときにスマートフォンの原型とされるSONYのPDA(Personal Digital Asistant)「CLIE」を持ち、海外の英語サイトから最新の情報をいつでも集められること、プログラミング言語BASICを手のひらで操れることを学んだ経験から、こうした学びが誰でも当たり前になる世の中を目指すと同時に「学習者中心」でICT機器を主体的に活用が重要であるという提言を20年にわたって続けている。

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング