EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

どうしてプログラミング教育を小学校でやるの?――文科省の資料から読み解く実態

これから始まるプログラミング教育に対して保護者ができること 第1回

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/11/14 14:00

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー(最新順)

連載:これから始まるプログラミング教育に対して保護者ができること

著者プロフィール

  • 阿部 崇(アベ タカシ)

     外資系IT企業で、コンピュータシステムのアーキテクチャをデザインする仕事に従事。2017年度より区立中学校のPTA会長に就任。教育委員会や教師の方々と接する機会も多く、これまでの経験を活かして、プログラミング教育を広げていく活動をすすめている。

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0