EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

子どもの34.5%が視力の低下を実感、学年が上がるほどデジタル機器との接触時間が増加傾向

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/10/12 14:25

 ロート製薬は、10月10日の「目の愛護デー」を前に、全国の子どもを持つ母親を対象に実施した、「コロナ禍における子どもの目の調査」の結果を10月9日に発表した。

 同調査は、全国の子どもを持つ30~40代の母親539名に、10月2日に行われている。

 調査対象者に、新型コロナウイルス感染症の影響下で、子どもについて気になることを尋ねたところ、「運動能力の低下」(47.9%)、「視力の低下」(34.5%)が上位となった。

コロナ禍において子どものことで気になること

 新型コロナウイルス感染症の流行前である、1月と比較した、子どもの視力について尋ねた質問では、18.6%が子どもの視力が悪くなっていると診断を受けたり、子どもの視力が悪くなっていると感じたりしていると答えている。さらに、小学生以上の子どもを持つ母親の24.4%が、子どもの視力が悪くなっていると診断を受けたり、子どもの視力が悪くなっていると感じたりしていると回答した。

1月頃と比較して子どもの視力の変化を感じるか

 デジタル機器との接触時間を、1月頃と比較してもらったところ、55.2%が長くなったと答えている。学年が上がるほどこの傾向は顕著で、小学生以上の子どもを持つ母親の60.8%が、接触時間が長くなったと回答している。

1月頃と比較して子どもの1日あたりのデジタル機器接触時間は増えたか

 デジタル機器との接触時間が長くなった理由としては、「動画配信サービス等を見る時間が増えた」(31.4%)、「家にいる時間が増えた」(30.1%)といった意見が寄せられた。

 小学生以上の子どもの、オンライン授業の実施状況については、「現在実施している」という回答が11.4%に達している。また、現在は行っていないが、オンライン授業を経験したことがある子どもは20.5%だった。

子どもの在籍する学校でのオンライン学習の実施状況

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0