EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

ますます普及するオンライン教育、家庭の学習環境で大切なことは何か? 機器とマインド、両面から考える

BenQのアイケアモニター「GW2480T」/「GW2780T」の活用【奥津憲人先生インタビュー】

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/08/26 07:00

スマホでの学習は画面が小さく課題がある

――ICTを使った学びを行う際、家庭では学習環境をどのように整えるべきでしょうか。

 今後の家庭学習では、オンライン授業や動画配信などで、タブレットやスマートフォンを使った学習がますます増えていくことが予想されます。ただ、スマホでは画面が小さく見づらいのも確かです。

 本校の中学生は全員1人1台のiPadを持っています。ですがそれでも、Zoomでオンライン授業をしながら、学習を記録する「ロイロノート・スクール」を同時に開くことは画面が小さく難しいでしょう。本当は「Zoom用」と「ロイロノート用」の2台の端末があると良いですが、なかなかそこまでそろえられません。そこで、外部モニターがあれば、先生の操作や授業動画を大きく映すことが可能です。

iPadと外部モニターを接続。見えやすさが格段にアップする
iPadと外部モニターを接続。見えやすさが格段にアップする

 また、WindowsやMacのノートPC、ChromeBookであれば、接続するだけで簡単に画面を拡張することができます。

コンパクトなSurface Goも、外部モニターを使えば2画面に拡張できる
コンパクトなSurface Goも、外部モニターを使えば2画面に拡張できる

 iPadなどのタブレットを接続するのであれば、別途、マウスとキーボードを用意すると、さらに使いやすくなりますね。

――外部モニターの大きさは何インチぐらいが良いとお考えですか?

 高校生であれば、大学生になったときのことを考えて、27インチぐらいが大きくて見やすいですね。小学生であれば、24インチでも十分でしょう。おそらく、小学生の学習机では、27インチサイズを置くとそれだけでいっぱいになってしまいそうです。高校進学時に、机と一緒に買い替えるのもひとつの方法かもしれません。

 最近では動画を作成する子どもが増えています。中学生だとiPadやスマホで動画を作ることが多いのですが、好きな生徒はもっと凝ろうとします。その際、小さい画面だと凝れば凝るほど厳しくなります。こうした創作活動においては、大きな画面は非常に意味があると考えています。

 中高生になると、大人顔負けの作品も登場します。たとえば、小学生でiPadなどを使って創作意欲をふくらませ、中学生以降は外部モニターを使うなど環境も整え、さらに高いレベルを目指すというのが、ルートとしてわかりやすいかもしれません。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 相川 いずみ(アイカワ イズミ)

     教育ライター/編集者。パソコン週刊誌の編集を経て、現在はフリーランスとして、プログラミング教育やICT教育、中学受験、スマートトイ、育児などの分野を中心に、取材・執筆を行っている。また、渋谷区こどもテーブル「みらい区」を発足し、地域の子ども達に向けたプログラミング体験教室などを開催している。一児の...

  • 森山 咲(編集部)(モリヤマ サキ)

    EdTechZine編集部/CodeZine編集部所属。映像系美大生、組み込み系ソフトウェアエンジニアを経て2016年10月に翔泳社へ入社。好きな色は青色全般。

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0