EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

スタディプラス、「Studyplus for School」と教育機関向けオンライン英会話「CHATTY」を連携へ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/01/19 11:30

 スタディプラスは、生徒の学習記録データを集約する「Studyplus for School 」と、KEC Mirizが提供する教育機関向けオンライン英会話「CHATTY」との提携を決定した。

 スタディプラスとKEC Mirizは、学習塾における先生の効果的な学習管理をサポートすることを目的として、2021年1月に業務提携契約を締結。

 KEC Mirizが提供する「CHATTY」は、小学3年生~中学3年生を対象に、1回25分間で英語のネイティヴ講師とのマンツーマンレッスンを提供するオンライン英会話サービス。小学生向けの「小学英語準拠型」や中学生向けの「中学英語準拠型」から、「レベル別英会話特化型」「英検二次対策レッスン」「入試対策レッスン」など、各学年やレベルごとに合わせて独自に開発したオリジナルテキストが用意されている。

連携後の学習進捗可視化イメージ

連携後の学習進捗可視化イメージ

 今回の「CHATTY」と「Studyplus for School」の連携により、「CHATTY」の学習履歴や成績情報が自動で「Studyplus for School」に入ってくるだけでなく、デジタル教材・紙教材に限らず複数の教材の学習進捗の管理が「Studyplus for School」で可能になる。先生は生徒の学習状況を容易に把握することができる。また、生徒の学習計画の達成状況の管理や、計画へのアドバイス・修正なども、オンラインでできるようになる。

 今回の連携もデジタル教材の学習データを集約するAPI「Studyplus for School SYNC」を通して行われる。今回発表した提携に基づく、「Studyplus for School SYNC」と「CHATTY」のデータ連携の開始は、2021年中を予定している。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0