EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

子ども専用パソコンの所有率、新型コロナ感染拡大を境に増加

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/12/15 16:45

 NECパーソナルコンピュータとレノボ・ジャパンは、全国の小中高生の子どもを持つ保護者を対象に実施した、家庭における子ども専用パソコンに対する意識と利用状況に関する調査の結果を、12月15日に発表した。

 同調査は、小中高生の子どもを持つ保護者3万4818名、および子ども専用パソコンの購入者500名、購入予定者1000名に対して、10月27日~11月1日の期間に行われている。

 小中高生の子どもを持つ保護者に対して、子ども専用パソコンがあるかを尋ねたところ、子ども専用パソコンの所有率は39%となり、新型コロナウイルス感染症の発生前に行われた調査と比較して、5%増加した。一方で、小学生の所有率は20%台に留まっている。

子ども専用パソコンの所有率
子ども専用パソコンの所有率

 子どもから、自分専用のパソコンがほしいと言われる頻度を尋ねた質問では、39%が自分専用のパソコンがほしいと言われた経験がある。

子どもから自分専用のパソコンがほしいと言われる頻度
子どもから自分専用のパソコンがほしいと言われる頻度

 子どもにパソコンを買い与えたきっかけとしては、「オンライン学習のために必要になったから」「学校の授業で使うようになるから」という回答がもっとも多く、「子どもが使うことで家族共用の端末が手狭になってきたから」といった回答も上位にあった。

子どもにパソコンを買い与えたきっかけ
子どもにパソコンを買い与えたきっかけ

 子どもにプレゼントしたアイテムとして、パソコンを挙げた人は16%に達している。

子どもにプレゼントしたアイテム
子どもにプレゼントしたアイテム

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0