EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

高校・高専向け起業体験プログラム「StartupBaseU18」、遠隔授業と動画教材を組み合わせた新プランが提供開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/10/30 06:00

 まつりばは、同社が企画・運営する高校生・高専生対象の起業体験プログラム「StartupBaseU18」について、高校の「総合的探究の時間」向けに、遠隔授業と動画教材を組み合わせた新プランを11月2日より販売開始する。

「StartupBaseU18」の高校向けオンライン教材
「StartupBaseU18」の高校向けオンライン教材

 「StartupBaseU18」は、2014年に東京でスタートした高校生・高専生向けの起業体験プログラムで、若年層の起業家精神の醸成を目的とした「アントレプレナーシップ教育」。

 夏季休暇等を活用し、首都圏(東京都)以外にも、札幌市や神戸市をはじめ、奥尻島などの離島などでも開催している。高校生のプロジェクトが実際に世の中にローンチすることを目標とし、また、メンター・審査員には地元出身起業家が参加することで、官民が一体となって伴走していく。クラウドファンディングで活動資金約50万円を調達し、社会実装まで試行したプロジェクトも生まれている。

 これまで講師派遣型でプログラムを提供をしてきたが、2020年は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、オンライン化して提供している。遠隔授業で本プログラムを実施したところ、「StartupBaseU18」の講師と現場(教室)の先生が連携することで、講師派遣型と同等の満足度が生徒からも先生からも得られた。これにより、従来の高校向け講師派遣型とあわせて、遠隔授業と動画教材を組み合わせた形態をリリースすることになった。

 この遠隔LIVE授業と動画教材のハイブリッド型のプランは「総合的探究の時間」の時間向け(約8コマ分)として提供される。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0