SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

教育ICT先進国フィンランドの教育動向~現場からの声

ICTを活用した試験のメリット・デメリットとは? フィンランドの教育現場に聞く

教育ICT先進国フィンランドの教育動向~現場からの声 第3回

 本連載では、フィンランドの中部、オウル大学大学院でフィンランドのアントレプレナーシップ教育を研究する筆者が、教育ICT先進国とされるフィンランドの教育動向を現地の生の声をもとにレポートします。今回は、コロナ禍で注目され始めた「ICTを活用した試験」について。すでに2019年に高校卒業認定試験(Matriculation Examination)の全科目のデジタル化を完了したフィンランド。その教育現場で聞いた生の声をお届けします。

フィンランドの「試験デジタル化」、その内容は?

 フィンランドでは、学校内の定期試験に加え、2019年より高校卒業認定試験(Matriculation Examination)のすべての科目がパソコンを使ったICT環境で実施されています。今回の記事で注目するのは、後者の高校卒業認定試験。日本でいうとセンター試験のような試験なのですが、これがデジタルで運用されています。どのような経緯で導入され、そして関係者たちは何を感じているのでしょうか。

高校卒業認定試験(Matriculation Examination)とは?

 フィンランド中の高校生が受ける全国共通試験で、日本のセンター試験(大学入学共通テスト)に近しい存在です。基本の4科目に加え、進学を希望する大学の学部にあわせ、科目を選択。進路が決まり切らない場合や複数受験する際は、7科目など多く受ける人もいます。

 実施は春と秋の2回で、全て記述式。1日1科目、試験時間6時間で行われます。会場は、基本的に自身の高校の体育館や講堂です。

どのように運用されているのか?

 決められた日時に、指定された会場で実施されます。自分のノートパソコンを会場に持参し使用する人が大半で、学校からの貸し出しも可能です。

 試験は、インターネットではなく、配付されたUSBを使用して、ノートパソコンを起動させて行います。USBを接続すると、パソコンに入っているウィンドウズのソフトや記録等はすべてロックされ、開けなくなります。インターネット上での試験では技術的なトラブルが発生するため、このような方法が選択されています。オンライン運用(インターネットを活用した試験)というよりは、紙をノートパソコンで代用して行われる試験と言えるでしょう。

 試験解答は、USBに保存され教員が回収。教員が採点した後、試験運営事務局にデータが送付され、ここで再度採点されます。

フィンランドの試験デジタル化の経緯

時間をかけて準備を進めていたフィンランド

 フィンランドでは2016年から高校卒業認定試験のデジタル化が始まりましたが、実は実現に向けた動きは、それ以前から始まっています。

 1990年代より総合学校(小中学校)および高校において積極的にICT改革が開始。続く2000年代に多くの学校に電子黒板、電子教科書等を導入され、さらに2010年には、タブレットやノートパソコンでの学習も日常的に行われるようになりました。このように時間をかけ、学校現場ではICT機器への慣れを醸成。ICTを用いた試験実施の土台を作り上げていきました。

ICTを活用した授業の様子(こちら高校でしょうか?)
ICTを活用した高校の授業の様子

対象範囲を絞り、教員も深く関与しながら始めた

 それでもこの試験は、いきなり導入されたわけではありません。2016年にドイツ語、地理、哲学から始まり、2019年春の数学の導入をもって、全科目がデジタル化完了しました。

 まずは比較的デジタル化がしやすい科目に限定し導入することで、問題と対処方法を確認。そのうえで全体の試験全体を移行させています。スモールスタートを意識している点が、非常にフィンランドらしい点です。

 試験デジタル化の実施は、号令の中心はもちろん教育省ですが、その進行には現場の方々が深く関与しています。例えば、地域ごとに校長や現場の先生で3か月に一度集まり、どのように日々の学校生活で、生徒にICTに慣れさせていくか実践案を考えて取り組んでは、結果を検証。現場レベルでの試行錯誤が繰り返されていました。そして意見は適宜、運営事務局に伝えられ、試験の科目・運用方法に反映されています。またデジタル化にあたり、教員にも研修が必要となるため、生徒には月~金まで1週間オンラインでの課題学習に切り替えてもらい、教員が勤務時間内で研修を受けていました。

次のページ
試験のデジタル化による影響(教員の声)

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

教育ICT先進国フィンランドの教育動向~現場からの声連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

田中 潤子(タナカ ジュンコ)

 オウル大学大学院教育学部Education and Globalisation在籍、フィンランドのアントレプレナーシップ教育について研究中。たなか家教育研究所主宰。フィンランド教育サロン「教育秘密基地」運営。新卒で求人広告会社に就職。営業、新人育成などを担当したのち、特非)放課後NPOアフタースク...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です


この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/4162 2020/07/27 11:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング