SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

東京都教育委員会、学習支援サービスとして「Microsoft 365 Education」を導入

 日本マイクロソフトは、東京都教育委員会と協定を締結し、都立高等学校・特別支援学校などの都立学校全247校のすべての生徒(約16万名)と教員(約2万名)が利用する、学習支援サービスの提供を5月から行う。

 東京都教育委員会は、双方向のオンライン学習などを円滑に実施できる環境の整備と、生徒の学習支援を目的に「Microsoft 365 Education」を採用しており、5月中旬からオンライン学習や教員・生徒のコミュニケーションにおいて、「Microsoft 365 Education」に含まれるコラボレーションツール「Microsoft Teams」などを活用する。

 都立学校では、「Microsoft 365 Education」を教員と生徒による学級会やホームルームの開催、自宅にいる生徒に対するオンライン授業や学習指導、教員から生徒への課題の配信と生徒からの提出などに活用していく。

学校における「Microsoft 365 Education」の活用イメージ
学校における「Microsoft 365 Education」の活用イメージ

 日本マイクロソフトは、1日も早くオンライン学習環境を構築するため、5月から「Office 365 Education」を提供し、11月から「Microsoft 365 Education」へ切り替える。また、5月から都立学校でオンライン授業や教員・生徒のコミュニケーションが図れるよう、すべての生徒と教員が利用するアカウントを作成し、「Microsoft Teams」の初期設定を実施する。

 さらに、都立学校の教員と生徒が「Office 365 Education」を円滑に使えるようオンライン研修を実施するとともに、アカウント管理や「Microsoft Teams」利用に関する技術的な問い合わせ対応を行う。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/3778 2020/05/09 07:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング