EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

LoiLo、教員同士の学び合い拡大に向け「2021年〈前期〉ロイロ認定ティーチャー」を募集

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/04/20 12:15

 LoiLoは、同社が提供する授業支援クラウド「ロイロノート・スクール」の認定制度について、「2021年〈前期〉ロイロ認定ティーチャー」を募集することを発表した。エントリー期間は8月1日から9月30日まで。

「ロイロ認定ティーチャー」
「ロイロ認定ティーチャー」

 「ロイロ認定ティーチャー」はICTを活用し、生徒主体の授業をデザインできる教員を認定する制度。GIGAスクール構想での学びを先導する教員を支援するために実施されている。2021年2月の開始以来、100名以上の認定ティーチャーが輩出された。

 「ロイロ認定ティーチャー」になると、専用の研修やイベント、コミュニティに参加できる。また、他校の研修で講師として活躍したり、自分の実践を全国に紹介したりすることもできる。

 対象となるのは、教員および教育委員会の関係者。8月1日から9月30日までのエントリー期間内に、専用応募フォームから授業案を提出する必要がある。それをもとに、認定審査が行われる。認定基準は「生徒が主体となる授業がデザインされていること」「ICTの利点を生かした授業がデザインされていること」の2点。

 なお「ロイロ認定ティーチャー」の制度に関するオンライン説明会が、4月30日の19時よりYouTube Liveで行われる。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0