EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

Z会グループの葵、オンライン試験の実施を支援するプラットフォーム「Aoi For CBT」を発売

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/12/24 13:36

 増進会ホールディングス(Z会グループ)のグループ会社である葵は、学校や学習塾向けに、オンライン試験の環境構築を支援するプラットフォーム「Aoi For CBT」を12月23日から販売開始した。

 コンピューター上で行う試験(CBT:コンピューター・ベースド・テスティング)を配信するためのプラットフォームで、PCやタブレット端末とインターネットに接続する環境さえあれば利用できる。

 CBTのメリットとしては、「テスト用紙の印刷・配布・保管の費用を削減できる」「動画や音声を用いた試験が行える」「採点や集計を効率化できる」などが挙げられる。

 また、インターネットを介して利用することで、受験場所や時間帯に融通を利かせたり、会場費用を削減したりする効果も見込める。コロナ禍の状況では、三密を防ぐ効果も考えられる。

 試験は、一般公開することも限定公開にすることもできる。問題の作成は専用のエディターを用いて行い、動画や音声も使用できる。選択問題の自動採点にも対応している。

 現在は先着30の教育機関を対象としたスタートアップ料金のキャンペーンが実施されており、初期費用は無料、月額費用は受験者と管理者を合わせたアカウント数が100名までの場合税別2万1000円、100名を超えた分は1アカウントにつき税別200円がかかる。適用期間は2021年6月まで。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0