EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

世界有数のIT企業が教育に注力! 最先端のテクノロジーが続々登場した「The Bett Show 2020」のブース

EdTechエンジニアによる「The Bett Show 2020」レポート 第3回

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 毎年イギリスで開催される、世界最大級のEdTech国際コンベンション「The Bett Show」。本連載では、オンライン学習サービス「スタディサプリ」の開発に携わったエンジニアの方による「The Bett Show 2020」のレポートをお送りします。第3回はGoogleやMicrosoftといった、世界的なIT企業のブースを紹介します。(編集部)

 本稿はリクルートテクノロジーズのブログに掲載された内容を再編集の上、転載したものです。

GoogleやMicrosoft、主要ハードウェアメーカーも教育業界に注力

 GoogleやMicrosoftが近年教育分野に注力しているのを、皆さんはご存じでしょうか? 会場内では、Google、Microsoft、Adobe、HPといったグローバル展開している大手IT企業のブースがひときわ目立っていました。いくつかご紹介しましょう。

Google

 Googleの教育機関向けソリューションを紹介するブースでは、教育機関への導入が拡大しているノートパソコン「Chromebook」と、連携可能な各種サードベンダーのハードウェア、ソフトウェアの紹介がされており、あわせてGoogleドキュメントとスマートホワイトボードの連携ソリューションなども展示されていました。

 Googleは生徒、教員、学校、保護者を支援するツール群を取り揃えており、既に全世界で1億人以上が利用しているのだそうです。Googleは教員の方々を中心にソフトウェアをレクチャーする機会を設けた上で、その後はオンラインチュートリアルなどで自主的に学んだ上、利用してもらっているとのこと。また、コンピュータサイエンスの学習をサポートするための教材も無償提供しているのが印象的でした。

Googleのブース Googleのブース
Googleのブース

Adobe

 クリエイティブソフトウェアを展開するAdobeは、教員が授業で利用する動画や動画付き教材を、簡単に編集するためのツール提供や支援を行っています。会場では、実際に専門学校で生徒に教えている教員がブースに立ち、普段どのように動画を編集しているのかなどを説明してくれました。また、生徒もAdobeのツールを活用してクリエイティブ制作をしているとのことです。

 彼らが主に利用しているのは、「Adobe Premiere Rush」と「Adobe Spark」。「Premiere Pro」は操作をマスターするのに時間がかかりますが、Premiere Rushは簡単に使用できるので、教員でも学生でも、直感的に操作して動画の編集をすることが可能です。Sparkに関しては、動画を組み込んだプレゼンテーション資料を作る際などに、同じく簡単な操作でリッチなクリエイティブを実現できます。テンプレートも豊富に用意されているので、デザインに悩む必要もないということでした。アイデアとコンテンツさえ手元にあれば、簡単に動画付き教材の作成ができるのが特長で、ブースではこれらのツールの使い方を学ぶ教員向けのハンズオンも行われていました。

Adobeのブース
Adobeのブース

HP(Hewlett Packard)

 パソコン、サーバーなどを展開するHPは、STEAM、VR、マインクラフトなど、子どもたちが興味を持ちながら学習できるデジタル教材を紹介していました。コンテンツはHPのパートナー企業が開発し、同社の端末を通じて提供しています。HPの2階建てバスでイギリス中の学校を回り、製品のレクチャーや体験の機会を提供しているのだそうです。こうしたHPの戦略は、学生時代からHPのハードウェアやソリューションを利用して慣れ親しんでもらい、HPの認知度を教育現場に広めたい、学生たちが大人になってからもHPの製品を使ってほしいというブランディングの側面もあるようです。

HPのブース内に登場した2階建てバス。内部では製品の展示とレクチャーを実施
HPのブース内に登場した2階建てバス。内部では製品の展示とレクチャーを実施

 また、会場内で展開していたVEX RoboticsのSTEM教材によるコーディング、ロボット、IoTを学ぶデモ実演では、ブロックでできたビーグルをGUIベースのプログラミングで制御し、取り付けられたセンサーを活用してラインに沿って走らせたり、障害物を避けたりしたりしていました。難易度はプログラミング教材と同じくらいで、それらを使える子どもであれば問題なく扱えるでしょう。キットの価格は200ポンド程度で、コーディングソフトは無償で提供され、既に世界中で数百個のキットを販売しているそうです。

VEX RoboticsのSTEM教材
VEX RoboticsのSTEM教材

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 塩澤 繁(株式会社リクルート)(シオザワ シゲル)

     外資系、日系金融機関でIT、新規事業の立ち上げを担当。2008年にリクルートへ入社。プロジェクトマネジメント、海外拠点立ち上げに従事後、新技術開拓部門に異動。これまで、ウェアラブルデバイス、エッジデバイス、ロボット、自然言語処理、AIを担当し、現在は、エドテック、リテールテック、業務効率化のAI...

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0