EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

静岡県袋井市、「GIGAスクール構想」の一環で全児童・生徒に1人1台の学習用端末を整備

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/06/01 15:35

 静岡県袋井市は、市内の約8000名の全児童・生徒に学習用端末としてタブレット端末を1人1台で整備することを、5月29日に発表した。

 関連事業費約6.3億円(5年間のリース契約)のうち、市が負担する約4億円を6月1日に開会する市議会6月定例会に提出する、令和2年度一般会計補正予算に盛り込む。

 今回の、児童・生徒への学習用端末1人1台の整備は、国が推進する「GIGAスクール構想」の一環であり、前年度(2019年度)は1280台(約6名に1台)を整備済みであり、残り約6720台を今年度11月末までに整備する。あわせて、高速大容量の通信ネットワークも整備し、ICTを活用した学習環境の充実を図る。

 ICTの活用によって、“個に応じた学び”や“協働的な学び”を充実させ、考える力を育てるとともに、学力向上を図るほか、子どもたちの情報活用能力の向上、わかりやすい授業のため、教員の研修も積極的に行っていく。

袋井市が目指すICTを活用した学び

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0