EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

メイツ、「英検アプリ」にAI搭載、正誤データの分析で苦手リストを最適化

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/04/20 12:30

 メイツは、同社が提供しているタブレット型教材「英検アプリ」において、苦手問題を作成できるAIを搭載し、4月17日に提供を開始した。

 「英検アプリ」に搭載されたAIは、同アプリに搭載している機能の1つである、診断テストの結果から「苦手リスト」を作成する機能の強化を目的としたもので、1万人近くの「英検アプリ」ユーザーの正誤データから、問題の単元、難易度を分析したデータを元に、利用者の学力に合わせた苦手リストを生成する。また、苦手問題の解答結果も正誤データとしてAIが読み取る。

 日々の学習内容や生徒の習熟度によって、AIが作成する苦手問題の最適化が進むため、さらなる学習効率の向上が図れる。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0