EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

著者情報

  • 松永 正樹(九州大学ビジネス・スクール准教授)(マツナガ マサキ)

     Ph.D. in Communication Arts & sciences(Pennsylvania State University, U.S.A.)。早稲田大学、立教大学で助教を務めた後、Institution for a Global Society株式会社シニアコンサルタント、九州大学ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター(QREC)特任准教授を経て、2019年より現職。九州大学ビジネス・スクールにて教鞭をとるとともに、NEC、コカ・コーラボトラーズジャパン等の企業で研修講師、教育系スタートアップのタクトピア株式会社でアドバイザーを務める。エフエム福岡「QTnetモーニングビジネススクール」スピーカー。

     そのほか、上智大学、秋田国際教養大学、公文国際学園、西南学院大学等で非常勤講師。

     近著論文に「アントレプレナーシップ教育におけるProject-Based Learning(PBL)の効果と可能性 ―九州大学ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センターにおける実践事例から―」(日本ベンチャー学会『Venture Review』第36巻にて、2020年発表)。

執筆記事

1件中1~1件を表示
戻る


All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0