Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

「学校主体」のプログラミング教育はどうすれば実現できるのか?――さくらインターネットと石狩市の挑戦

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/05/08 14:00

 新指導要領の完全実施まで2年を切った。学校や教育委員会は、プログラミング教育をどのように授業に取り入れるか、準備に追われていることと思う。小中学校が民間企業やNPOに力を借りつつ、共同プロジェクトを実施する例も増えているが、企業の利益追求のため機器導入で終わってしまったり、学校だけで活動を継続するのが困難になったりといった可能性も懸念される。そんな中、自治体や学校が自走可能なプログラミング教育を目指して支援を行うIT企業がある。CSR活動の一環として、北海道石狩市教育委員会への支援を行っている「さくらインターネット」だ。同社のプロジェクト担当の朝倉恵氏と、石狩市教育委員会の関係者3名へのインタビューを通して、プロジェクト発足の背景と、IT企業としてさくらインターネットが考えた、本当に意味のある教育支援活動に迫った。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 中尾 真二(ナカオ シンジ)

    フリーランスのライター、エディター。 アスキーの書籍編集から始まり、翻訳や執筆、取材などを紙、ウェブを問わずこなす。IT系が多いが、たまに自動車関連の媒体で執筆することもある。インターネット(とは当時は言わなかったが)はUUCPの頃から使っている。

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0