SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

イベントレポート(ICT活用)

トップが先導し、先進的ICT教育に取り組む6自治体が事例を発表「第6回 全国ICT教育首長サミット」

「第6回 全国ICT教育首長サミット」「第5回 日本ICT教育アワード」表彰式レポート 第1回

 教育におけるICT活用は、学校現場はもちろんのこと、自治体がいかに先導して取り組んでいるかが大きな肝となる。全国ICT教育首長協議会は、そうした先進的ICT教育を推進する全国130の自治体の首長が参加し、情報共有や自治体の相互連携のほか、国に対する財源確保や制度改革などの提案要望をまとめている団体だ。11月17日、全国の自治体の実践発表や有識者による講演、ICT教育機器展示などを行う「第6回 全国ICT教育首長サミット」が開催された。あわせて、先進的ICT教育を推進してきた自治体を表彰する「第5回 日本ICT教育アワード」の表彰式も行われた。本記事を含め3回にわたり、アワード表彰式の様子や表彰された9つの自治体の事例紹介と、有識者講演の模様をお届けする。

「第6回 全国ICT教育首長サミット」「第5回 日本ICT教育アワード」表彰式
「第6回 全国ICT教育首長サミット」「第5回 日本ICT教育アワード」表彰式

文部科学省、総務省、経済産業省を冠した賞も発表

 「日本ICT教育アワード」は、全国ICT教育首長協議会が主催するコンテストで、「首長や教育長が積極的に教育ICT環境整備に取り組み、地域創生や学校活性化につながる優れた事例を顕彰するとともに、事例を広く全国に周知し、教育DXをさらに推進する」ことを目的としている。5回目の開催となる今回は9つの自治体が表彰された。

 最初に、同協議会会長を務める佐賀県多久市長の横尾俊彦氏より「日本の教育にICTを活用して子どもたちの未来の可能性を伸ばし、一人ひとりの『ウェルビーイング』を高めていくために結成された」と、全国ICT教育首長協議会設立の経緯が語られた。さらに「ICTとは『I Create Tomorrow』の略、『僕が、わたしが、未来をつくる』ことでもあると私は考えている」と語り、「全国の自治体と共に切磋琢磨しながら、未来を切り開いていきたい」と伝えた。

 教育に携わる省庁から来賓も参加し、文部科学省からは文部科学副大臣の簗和生氏が登壇した。簗氏は「GIGAスクール構想は、環境整備から利活用推進という段階に着実に移行した」と述べた。その上で「今後は利活用の度合いによって学習に差が生じることがないように、優れた取り組みの事例を全国的に展開・評価していくことが重要。本サミットの場を通じて、先進的なICT教育を推進している首長がそれぞれの取り組みを発展させながら意見を交換し、相互に連携協力しつつ全国的な規模で牽引していくことは、極めて意義深い」とした。

文部科学副大臣 簗和生氏
文部科学副大臣 簗和生氏

 続いて、総務省からは総務大臣政務官である国光あやの氏が登壇した。

 「1人の母としても、横尾会長がおっしゃったICTの『I Create Tomorrow』を感じている。総務省としても『日本ICT教育アワード』に賛同し、学校現場におけるICT環境の整備や遠隔教育、教育のICT化による地方活性化などに取り組む団体に対して、総務大臣賞を授与させていただいた。本日は受賞団体の実践事例の発表や、民間企業も参加した先進的なICT教育機器の展示があり、テクノロジーを所管する担当省庁としても非常に関心を持っている」と語った。

総務大臣政務官 国光あやの氏
総務大臣政務官 国光あやの氏

 また、宮崎県都城市での首長経験がある経済産業大臣政務官の長峯誠氏は、「経済産業省の教育イノベーション小委員会中間とりまとめでも『外部人材を積極的に活用することの重要性』に言及している。今回、経済産業省大臣賞を受賞した奈良県生駒市は、外部からの人材を積極的に活用してICT教育を進めている。このように各自治体の事情を踏まえながら多様な成功事例をつくっていくことは、大変重要で有意義な取り組みだ」と話した。

経済産業大臣政務官 長峯誠氏
経済産業大臣政務官 長峯誠氏

次のページ
全国から79自治体のICT教育事例が集まる

この記事は参考になりましたか?

イベントレポート(ICT活用)連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

相川 いずみ(アイカワ イズミ)

 教育ライター/編集者。パソコン週刊誌の編集を経て、現在はフリーランスとして、プログラミング教育やICT教育、中学受験、スマートトイ、育児などの分野を中心に、取材・執筆を行っている。また、渋谷区こどもテーブル「みらい区」を発足し、地域の子ども達に向けたプログラミング体験教室などを開催している。一児の...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です


この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/8545 2022/12/14 07:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング