Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

非認知能力を育む英語教育――カギとなるのは「コミュニケーションを楽しむ場の創出」

ハグカムの「GLOBAL CROWN」で子どもが英語を続けられる理由とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/04/11 14:00

 小学校英語教育の早期化なども相まって、就学前から英語に親しむ子どもたちが増えている。もともと幼児教育として人気は高く、様々な手法や教育法に基づく多彩なサービスが展開されてきた。近年ではネットを介した教育が注目され、株式会社ハグカムが提供する子ども向けに特化したオンライン英会話スクール「GLOBAL CROWN」も人気を集めているという。サービス設計の根底にあるのは、単に英語力を高めるだけでなく、英語を通じて好奇心や主体性といった非認知能力を育もうという思いだ。なぜ、そのような思いに至ったのか、それを実現するためにどのような取り組みが行われているのか、同社 代表取締役の道村弥生氏に伺った。

株式会社ハグカム 代表取締役 道村弥生氏
株式会社ハグカム 代表取締役 道村弥生氏

「子ども向け」に特化し、独自の設計思想でサービスを開発

 グローバル化が進み、英語学習へのニーズが高まる中で、技術の進化によるオンライン英会話サービスが充実し、急速に市場を拡大しつつある。手軽で安価、家に居ながらにして英会話を学ぶことができるため、忙しい人でも続けられやすいのが特徴だ。近年では、子ども向けのオンライン英会話サービスも登場している。

 ハグカムが提供する子ども向けオンライン英会話スクール「GLOBAL CROWN」もその一つ。しかし、あえて「子ども向け」に特化することで、英語を楽しく習得しながら、子ども本来の好奇心を育むことを目的としていると言う。代表取締役の道村弥生氏は「大人向けの英会話サービスとはまったく設計思想が異なる」と語る。

子ども向けオンライン英会話スクール「GLOBAL CROWN」
子ども向けオンライン英会話スクール「GLOBAL CROWN」

 「大人が英語を学ぶ場合、レッスンを予約して、動画や先生を選んで、というようにすべて自分の意思に基づいて行動します。ある意味、やる気はユーザー任せと言えるでしょう。しかし、子どもはそうはいきません。どうやって英語と出会う機会を与えるか、充実した英語体験を提供できるかで、英語に対する印象も習得度も変わってきます」

 英語学習では『続けること』が最も大切だと言われる。しかし、子どもが英会話レッスンを続けられるかどうかは、子どもの意思だけの問題ではない。そこで道村氏は既存の英会話サービスの利用者に対するヒアリングから学習を続けられなくなる原因を探り、その解決策を模索していったと言う。

 「続けられなくなった理由は、大きく3つあるように思います。1つは保護者が共働きなどで送り迎えができないなどの環境的な要因、そして2つめは学ぶ意思はあっても習慣化できずに断続的になっていること。そして3つ目はなんらかの問題で、親や子ども自身が英会話スキルの成長実感を感じられていないことです」

 まず1つ目の環境的問題は、オンライン学習が安価に利用できるようになったことで、大きく改善された。ネットを介して学習コンテンツが提供されれば、送り迎えなどの負担もなくなる。さらに「GLOBAL CROWN」では、利用者の親和性が高いスマートフォンやタブレットを使うアプリに特化。いつでもどこでも親の目が届くところで手軽に英会話のレッスンが受けられるようにすることで、続けやすい環境を実現させている。

GLOBAL CROWNのアプリの画面(マイページ)
GLOBAL CROWNのアプリの画面(マイページ)

 そして、2つ目の課題である習慣化を実現するために、「GLOBAL CROWN」では、子どもが集中できる20分を1レッスンとし、従来の習い事のように決まった曜日と時間を設定するスタイルとしている。最も人気があるのは週に3回コースとのことだが、月水金の18時と決めて「夕食前にレッスンしよう」というように子どもの生活の中に組み入れるわけだ。当然ながら『いつでも受けられる』より『先生が待っている』状況の方がほどよい拘束力があり、続ける意欲につながる。

 そして3つ目。『英会話教室に毎週通わせても効果が上がらない』と不安を漏らす保護者は想像以上に多い。その原因を掘り下げてみると、リアルな英会話教室はグループレッスンがほとんどのため、間違いをみんなの前で指摘されて英語嫌いになったり、先生や友達と日本語でおしゃべりばかりして肝心の英会話の時間がおざなりになったり……。

 「もちろんリアルな場での学びはインパクトがあり、みんなとワイワイ交流する方が続けられるという子どももいます。しかし、英語の進捗は人それぞれ、レベルも好きな学び方も違うのですから、一人ひとり異なるレッスンが受けられるのが理想的です。そして、さらに子どもの学びのモチベーションをあげるには、単に『英語を教える』のではなく、コミュニケーションを楽しみながら英語の楽しさを伝え、英語が開く新しい世界を見せつつ、好奇心を刺激することだと思います」

 こうした仕組みづくりや工夫によって、半年後の継続率が80~90%、スクール開講から3年近く続けている生徒もおり、業界ではかなり驚異的な数字と言える。しかし道村氏は「最終的な目的は英語力を高めることではない」と言う。英語という学びのもとで、コミュニケーションの楽しさを知り、新しい世界に興味を持ち、主体的な学びの習慣を体得させることが真の目的というわけだ。

無料体験レッスン、申し込み受付中!

 GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)は、バイリンガル講師によるマンツーマンレッスンです。アプリをダウンロードするだけで、おうちで安心して英会話レッスンが受けられます。

  • 対象年齢:3~12歳
  • 初めての英会話も安心
  • 「聞く・話す」に特化したカリキュラム
  • 使いやすいアプリ

 今の英語学習で満足していない方も、これから英会話を始めたい方もぜひ一度お試しください!

 無料体験レッスンを申し込む


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 伊藤 真美(イトウ マミ)

    エディター&ライター。児童書、雑誌や書籍、企業出版物、PRやプロモーションツールの制作などを経て独立。ライティング、コンテンツディレクションの他、広報PR・マーケティングのプランニングも行なう。

  • 斉木 崇(編集部)(サイキ タカシ)

    CodeZine/EdTechZine編集部 編集長。1978年生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科(建築学専門分野)を卒業後、IT入門書系の出版社を経て、2005年に翔泳社へ入社。2005年6月の正式オープン以来、ソフトウェア開発専門のオンラインメディア『CodeZine(コードジン)』の企画・運...

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0