SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

公立小学校の96.1%、中学校の96.5%が、GIGAスクール構想による端末の利活用を開始【文部科学省速報値】

 文部科学省初等中等教育局の情報教育・外国語教育課は、全国の自治体を対象に実施した、GIGAスクール構想の実現に向けた各自治体等の利活用状況に関する調査「GIGAスクール構想の実現に向けた端末の利活用等に関する状況(7月末時点)」(速報値)を公開している。同調査は、全国1812の自治体における、小学校等1万9791校、中学校等1万165校に対して行われた。

 調査結果によれば、全国の公立小学校等の96.1%、中学校等の96.5%が、「全学年」または「一部の学年」で端末の利活用を開始している。

出典:文部科学省 端末利活用状況等の実態調査(令和3年7月末時点)(速報値)

 また、全自治体等のうち96.1%(1742自治体等)が端末を整備済みであり、3.9%(70自治体等)が未だ完了していないことが明らかになった。なお、義務教育段階における学習者用端末1台あたりの児童・生徒数は1.0人となっている。

出典:文部科学省 端末利活用状況等の実態調査(令和3年7月末時点)(速報値)

 非常時における、端末の持ち帰り学習の実施状況については、64.3%の学校が「実施できるよう準備済み」と回答しており、平常時における端末の持ち帰り学習を実施している学校は25.3%だった。

 なお、端末の破損・紛失台数は1万8104台に達しており、端末の破損・紛失時の対応としては、「事業者との保守契約等により代替機等を手配」が27.6%、「予備機を活用」が72.0%となっている。また、整備済み端末におけるOSの割合は、Chrome OSが40.1%、Windowsが30.4%、iOSが29.0%だった。

出典:文部科学省 端末利活用状況等の実態調査(令和3年7月末時点)(速報値)
関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6224 2021/08/31 11:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング