EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

新大学生が準備していることは「パソコン・タブレット/周辺機器を買う」が最多

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/04/02 14:25

 LINEは、同社が運営するスマートフォン専用リサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」が、全国の18~24歳の男女のうち、4月から大学に進学する新大学生、就職する新社会人などに実施した、新生活に向けて頑張りたいことや準備していること、不安に思うことについてや、入学式や入社式、講義や業務の形式など関する調査の結果を、4月1日に発表した。

 同調査のうち、大学生への調査は3月5日~8日の期間に行われ、2285名(新大学生:448名、現役大学生:507名)から有効回答を得ている。

 新大学生に対して、新年度でがんばりたいことを尋ねたところ(複数回答)、「勉強」がもっとも多く、「友だちづくり・人脈づくり」「アルバイト」がそれに続いた。一方、前年調査で5位だった「部活・サークル活動」は、今回の調査では7位にランクダウンしており、4位の「趣味・自分が好きなこと」や5位の「自分磨き(内面・外見)」が前年調査よりもランクアップしている。

 新大学生が新年度に準備していることとしては(複数回答)、「パソコン・タブレット/周辺機器を買う」が最多で、「勉強」がそれに続いた。男性では「パソコン・タブレット/周辺機器を買う」、女性では「服や靴などファッションアイテムを買う」がもっとも多い。

 新年度に対する気持ちを尋ねた質問では、「期待でいっぱい」「期待のほうが強い」を合わせた回答が約4割に達し、「期待と不安半々」を挙げた回答も多く、前年調査とほぼ同様となった。

 新年度に「不安がある」(「期待でいっぱい」「何も感じない」以外の回答で、何かしらの不安がある人)と答えた人に、具体的な不安の内容を尋ねたところ、「新しい友だちができるか」が最多で、「勉強や課題が大変そう」「お金のやりくりができるか」「授業のレベルについていけるか」「アルバイト先/インターン先が見つかるか」がそれに続いている。

 入学式の開催状況や方法は、「実際に集まる(リアル)形式のみ」がもっとも多く、「オンラインのみ」「リアル形式とオンライン併用」などオンラインでの実施は約1割に留まった。一方、講義や授業の体制では「すべて【対面】で行われる」は約1割で、何らかのオンラインを取り入れた講義や授業が約4割に達している。

 そのほか、大学からサポートがあったらうれしいことを尋ねた質問では、「入学前のオリエンテーション」「パソコンの貸し出しとパソコンの使い方講座のようなもの。 Googleアカウントの配布と学校側でGoogle Classroom上でクラスを設置する」「Wi-Fiの貸し出し、去年の新一年生の先輩方の体験談、バイト先紹介」「新入生同士の交流会、オンライン授業を受講できる環境整備への支援」など、多彩な回答が寄せられた。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0