EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

学習塾向け学習管理サービス「Studyplus for School」にカレンダー機能が追加

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/03/05 08:00

 スタディプラスは、同社が提供する教育機関向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」に、「カレンダー機能」を追加したことを3月2日に発表した。

今回追加された「カレンダー機能」
今回追加された「カレンダー機能」

 「Studyplus for School」は、学習管理アプリ「Studyplus」によって生徒の学習進捗を可視化し、先生のオフライン・オンラインのコミュニケーションを支援するサービス。

 今回追加された「カレンダー機能」では、カレンダー形式で学習計画や学校・プライベートの予定などすべてのスケジュールの入力が可能。生徒が「Studyplus」アプリから登録・編集するだけでなく、先生と生徒でスケジュールを共有することもできる。可処分時間を可視化することで、生徒への指導においてより精緻な学習計画のサポートを実現できる。

 先生は、生徒ごとに表示される「カレンダー画面」から、スケジュールの「タイトル」「日時」や「教材」「学習時間/学習量」「場所」「メモ」などを設定し、スケジュールを登録することができる。教材を選択して目標の「学習時間」または「学習量」を入力すると学習計画として登録でき、プランニング画面から学習の進捗が確認可能となる。

プランニング画面イメージ
プランニング画面イメージ

 また生徒も、スケジュールを登録・確認することができる。スケジュールに「教材」を登録すると、教材画像から学習記録画面へワンタップで遷移可能で、「予定を確認→学習を開始する」という流れをスムーズに行える。

 さらに生徒の「Studyplus」アプリは、スマートフォンに搭載されているカレンダーと連携が可能で、Androidは「Google カレンダー」、iOSは「カレンダー」アプリと連携できる。

スマートフォンのカレンダーとの連携

スマートフォンのカレンダーとの連携

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0