EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

ソニー、子どもたちのクリエイティビティを育む「エンタメのブカツ2021 STEAMワークショップ部」開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/01/18 15:30

 ソニーは、小中高生を対象にし、ソニーのエンタテインメントとテクノロジーを活用したプログラム「エンタメのブカツ 2021」において、小学生のクリエイティビティを育む「STEAM(スティーム)ワークショップ部」の募集を1月15日より開始した。

 本ワークショップは、「エンタメのブカツ 2021」と、ソニー・ミュージックレーベルズ所属のアーティスト「いきものがかり」のボーカル吉岡聖恵さんが子どもの頃から慣れ親しんできた童謡や唱歌の素晴らしさを紹介するプロジェクト「吉岡聖恵の毎日がどうよう日~家族で歌おう!~」とのコラボレーション企画。吉岡さんが歌う童謡『こぶたぬきつねこ』をテーマに、プログラミングや工作体験、エンタテインメントコンテンツの創作など、以下4つのワークショップをオンラインで行う。

 いずれも参加費は無料で、ワークショップに必要な機材は貸し出しを行う。

  • 「CurioStep(キュリオステップ)ゲームづくりワークショップ」:ソニーのIoTブロック「MESH(メッシュ)」とソニー・インタラクティブエンタテインメントのロボットトイの「toio(トイオ)」を組み合わせてゲームづくりに挑戦
  • 「KOOV Challenge mini こぶたぬきつねコンサート」:童謡『こぶたぬきつねこ』をテーマにロボット・プログラミング学習キット「KOOV(クーブ)」を使ってプログラミングで楽器をつくる
  • 「creaB(クリービー)ものがたりづくりワークショップ」:対話を通して作りあげた『こぶたぬきつねこ』の新しい物語が、アニメーション化されてミュージックビデオになる
  • 「PlayAnything新音楽体験ワークショップ」:スマートフォンでモノを撮影するだけで音を奏でることができる新しいアプリ「PlayAnything(プレイエニシング)」を使って、ミュージシャンと一緒に音楽創作ができる

 応募の詳細は、エンタメのブカツ2021公式サイトより確認できる。

応募の流れ

応募の流れ

 「エンタメのブカツ 2021」は、18歳以下の世代に向けてこれからの時代の新たなエンタテインメントを生み出す機会の創出を目的とし、ソニーのエンタテインメントやテクノロジーを活用した共創を通じて「好き」を見つける・カタチにする体験を提供する「Sony Creators Gate」のプログラム。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0