SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新渡戸文化学園でのオンライン学習の取り組み

オンラインだからこそできる学びとは? 子どもたちの意欲を引き出す「世界一受けたいオンライン特別授業」

新渡戸文化学園でのオンライン学習の取り組み 第3回

 2020年度からオンライン授業の環境を整え、4月の当初から授業を行ってきた、新渡戸文化小中学校・高等学校。本連載ではその実践をお伝えします。第3回では小学校において、どのようなビジョンのもとでオンラインの取り組みが行われたのか、具体的な内容を紹介します。

まずはどうやってつながるか

 緊急事態宣言の発令を見据えていた4月上旬、私たちが考えていたのは「まずはどのような方法で子どもや家庭に継続的に情報を伝えるか」ということでした。当面はオンラインでの学習が続くことが予想されたので、既存のホームページや連絡網などではなく、新たなシステムを構築する必要があったのです。自由度の高さや、どの家庭でも見られる利便性、導入のハードルの低さなどから、本校では新たに「Google サイト」を活用し「新渡戸オンラインスクール」を開設しました。緊急事態宣言の発令の翌日である4月8日に開設できたことで、家庭にも安心感を伝えられたのではないかと思います。

「新渡戸オンラインスクール」のWebサイト
「新渡戸オンラインスクール」のWebサイト

 新渡戸オンラインスクールで配信していた内容も、まずは各教員からのメッセージなど、安心感を与えるものを中心としました。「学校も対応しようとしている」「先生たちは変わらず支えてくれる」という安心感は、その後のさまざまなオンラインでの取り組みのベースとなったのではと思います。

誰一人取り残さないために

 新渡戸オンラインスクール開設と同時に取り組んだのが、各家庭の情報機器調査でした。本校はICT機器の整備途中であったため、全員がタブレットやPCなどの機器を持っているとは言い切れない状況でした。そこで、各家庭に子どもたちが学びに活用できる機器があるのかどうかをアンケートで細かく調査し、協力を求めました。

 その結果、9割近い家庭がオンライン学習に取り組むことができる状況であることがわかりました。普段子どもには使わせていない家庭も、子どもたちのために快く協力してくださいました。残りのご家庭には、本校で活用していたiPadを貸し出す措置をとり、なんとか全校児童の学びの環境を整えることができたのです。もちろん先行実施できる家庭から始めることもできましたが、本校では「誰一人取り残さない」ことを目標に、環境整備を行いました。

次のページ
子どもたちが望んでいるコミュニケーションとは?

この記事は参考になりましたか?

新渡戸文化学園でのオンライン学習の取り組み連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

栢之間 倫太郎(新渡戸文化小学校・プロジェクトデザイナー)(カヤノマ リンタロウ)

 東京都の公立小学校にて勤務した後、2019年度より現職。公立校においては、JICA東京が主催する「教師海外研修」でザンビア共和国を訪れ、帰国後にSDGsを切り口に子どもたちが自由にプロジェクトを立ち上げるPBLを実施。子どもたちが自律的に学び、行動する場の創出に尽力する。また、東京都が任命する教員...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です


遠藤 崇之(新渡戸文化小学校 統括校長補佐・小学校教育デザイナー)(エンドウ タカユキ)

 大手IT企業でシステム営業、人材育成コンサルタントを経て、認定NPO法人 Teach For Japan フェローとして埼玉県戸田市に教諭として赴任。5年生の担任を経験。民間企業時代にコーチングに出会い、アドラー心理学式コーチングを習得。現在、エグゼクティブ・コーチとして企業研修などでも活動中。コ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です


この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/4333 2020/09/04 07:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング