EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

産官学共同チームによる「未来の学校みんなで創ろう。プロジェクト」が始動、学校現場のさらなるオープン化を目指す

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/08/07 15:55

 東京学芸大学は、教員、企業と教育委員会がワンチームとなって、Society5.0に向けた新しい学校システム創りに挑戦していく「未来の学校みんなで創ろう。プロジェクト」を、8月5日に開始した。

 「未来の学校みんなで創ろう。プロジェクト」では、学校現場のさらなるオープン化を目指す。教員養成大学である東京学芸大学、東京学芸大学付属学校(竹早地区)の現場教員と、NEC、コクヨ、内田洋行、博報堂をはじめとする20社もの企業、岡山県津山市、岩手県山田町、その他の教育委員会が連携し、日本初の産官学共同チームで組成されている。

 また「好きに、挑む。」をビジョンに掲げ、構想をすぐに学校や授業で実践することで、日本の既存の「学校像」を抜本的に改革していく。

 学校現場の教員と議論を重ねつつ、現場の課題解決や理想モデルの構築を実践していき、企業のリソースを活用しながら企画した構想をただちに付属校で実装し、さらに公立学校にも展開していく。

 すでに、現場教員や企業発のさまざまなプロジェクトが推進中で、学校の運営改革や学習支援のデジタル化と学びの拡張、新しい学校学習環境の創造、教育者の力量開発とチーム化の促進、学校を取り巻く社会システムの改革など、企画中のものも含めて15以上のプロジェクトが存在する。

 なお、同プロジェクトでは、趣旨に賛同し新たに参加する企業、教育委員会を募集している。

「未来の学校みんなで創ろう。プロジェクト」のビジョン
「未来の学校みんなで創ろう。プロジェクト」のビジョン

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0