EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

教育長の強い意志により「学びそのもの」の変革を目指す広島県――コロナ禍の中で急速に進められたオンライン教育への取り組み

「広島県教育長に聞く~広島県のオンライン教育の取組」レポート

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/06/22 07:00

 新型コロナの影響による学校の休校は長期化し、地域によっては丸3カ月継続してしまった。再開後も当面分散登校などの対策が各学校で続く。この事態にあって学習のオンライン化が求められるものの実現できている自治体はまだ少ないのが現状だ。そんな中、広島県では4月から県内すべての県立高校でクラウドサービス(Googleの「G Suite」等)の活用を始めた。慣習に縛られず地方教育行政に新しい風を吹き込む広島県教育長の平川理恵氏が、今回のコロナ対応の経緯と今後のビジョンを語った。5月20日に開かれた超教育協会主催のセミナー「広島県教育長に聞く~広島県のオンライン教育の取組」を元にレポートする。

広島県教育長 平川理恵氏
広島県教育長 平川理恵氏

広島県はスピード改革のまっただ中だった

 2018年4月に広島教育長に就任した平川氏は、これまでの2年間ですでに県内の教育の姿を変えようと動いてきた経緯がある。「チョーク&トーク」と呼ばれる講義型の授業スタイルや知識、暗記重視の学びから脱却すべく、「個別最適化」をキーワードにさまざまな施策を行ってきた。

 パソコン等のICT機器を授業でほとんど使わないことに対しても、学校現場の様子と世界的なデータの両面から危機感を持ち、2019年には、県立高校で1人1台のパソコン環境をBYOD(Bring Your Own Device:個人所有の機器を持ち込んで使用すること)で実現する方針を固めた。広島県のICT環境は、教育用コンピューターの整備状況が全国42位(平成30年度文部科学省調査)という「下から数えた方が早い」状況だったが、この2020年4月から県立高校81校中35校で新1年生からの活用をスタートする準備を整えてきた。教育用クラウドサービスの活用については、昨夏から教員研修も行っている。

広島県のICT環境整備状況(平成31年3月時点)
広島県のICT環境整備状況(平成31年3月時点)

 BYODとは言え、公立の学校として、機器を用意できない家庭へのサポートは当然必要となる。そこで、パソコン本体と月々の通信費に相当する額を給付する「学びの変革環境充実奨学金」を創設し、実際の給付月までのタイムラグを埋めるために、「入学準備金」の貸し付け制度も整えた。

生徒1人1台のパソコン等導入に係る経済的支援
生徒1人1台のパソコン等導入に係る経済的支援

 元来、こうした新しいチャレンジにはとても時間がかかる。そこを、平川教育長は強い意志で猛スピードで改革してきたわけだ。

 しかし、そのまっただ中で、今年3月の頭から一斉休校に直面することになる。

休校を受け、急ピッチでまずは全員へG Suiteアカウントを

 新型コロナへの対応が長期化することを想定し、子どもたちの学びの機会確保と心身の問題をケアするには、オンライン上の仮想教室が必要だと判断した平川氏。その実現に必要なのは「アカウント」「デバイス」「通信手段」の3つで、まさに1人1台環境を整備してきたポイントと一致する。これを県全体で整えることを決めて動き出した。

コロナ危機の基本構造:アカウント、デバイス、通信手段を「三種の神器」と呼んで示した
コロナ危機の基本的構造:アカウント、デバイス、通信手段を「三種の神器」と呼んで示した

 まずは「アカウント」の準備を優先し、新学期には県立高校の全生徒にG Suiteのアカウントを配付した。アカウントさえあれば、個人所有のデバイスでアクセスしてもらうことで、とりあえず学校と生徒のコミュニケーションの手段を確保できる。広島県では4月にいったん学校を再開できたので、始業式直後から、とにかくG Suiteにログインするよう呼びかけたという。再びいつ休校になっても大丈夫なように備えたのだ。

 間もなく4月16日にはすべての県立学校が再び休校となった。もちろん学校によってクラウドサービスの活用度合いはさまざまだが、それ以降、毎日の健康観察をはじめ、朝学活への活用や、授業動画の公開、1日5時間の授業を行った学校もあった。できることから、できる学校が着手している。

 「デバイス」と「通信手段」は、4月の始業式でアンケートをとった結果、それぞれ12%程度の生徒が持っていないことがわかり、これに対しては、8.8億円の補正予算を組んで対応するところまで来ている。市場に出回る製品が足りず、必要数を調達するのが大変な状況だったが、準備できたものから順次貸し出している状況だ。

 また、小中学校の設置者は県ではなく市町だが、4月の休校以降、県内23市町に連絡を取り、クラウドサービスの活用を呼びかけてきた。すべての教育長にコンタクトを取って連携し、今後県内すべての市町でも児童生徒のクラウドサービスの活用が進む予定だ。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 狩野 さやか(カノウ サヤカ)

     株式会社Studio947のデザイナー、ライター。ウェブサイトやアプリのデザイン・制作、技術書籍の執筆に携わる。自社で「知りたい!プログラミングツール図鑑」「ICT toolbox」を運営し、子ども向けプログラミングやICT教育について情報発信している。著書に『見た目にこだわる Jimdo入門』(...

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0