EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

教育長の強い意志により「学びそのもの」の変革を目指す広島県――コロナ禍の中で急速に進められたオンライン教育への取り組み

「広島県教育長に聞く~広島県のオンライン教育の取組」レポート

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/06/22 07:00

 新型コロナの影響による学校の休校は長期化し、地域によっては丸3カ月継続してしまった。再開後も当面分散登校などの対策が各学校で続く。この事態にあって学習のオンライン化が求められるものの実現できている自治体はまだ少ないのが現状だ。そんな中、広島県では4月から県内すべての県立高校でクラウドサービス(Googleの「G Suite」等)の活用を始めた。慣習に縛られず地方教育行政に新しい風を吹き込む広島県教育長の平川理恵氏が、今回のコロナ対応の経緯と今後のビジョンを語った。5月20日に開かれた超教育協会主催のセミナー「広島県教育長に聞く~広島県のオンライン教育の取組」を元にレポートする。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 狩野 さやか(カノウ サヤカ)

     株式会社Studio947のデザイナー、ライター。ウェブサイトやアプリのデザイン・制作、技術書籍の執筆に携わる。自社で「知りたい!プログラミングツール図鑑」「ICT toolbox」を運営し、子ども向けプログラミングやICT教育について情報発信している。著書に『見た目にこだわる Jimdo入門』(...

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0