EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

イーオンがDXを推進! 英会話教育でアダプティブ・ラーニングを活用する理由とは

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/02/28 07:00

 全国の主要都市に約250校を設置し、英会話教室を運営するイーオン。同社では教育とICTを組み合わせたEdTechを推進するプロジェクトとして「イーオン デジタルトランスフォーメーションAEON DX」に積極的に取り組んでいる。その一環として、アダプティブラーニングエンジンを活用したeラーニングシステム「AI Study Design ~Grammar編~(以下、AI Study Design Grammar)」を開発、今年の4月1日から導入するという。その詳細が1月23日に開催された「デジタル・ナレッジ カンファレンス2020新春」の特別講演で語られた。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー(最新順)

連載:イベントレポート(アダプティブラーニング)

もっと読む

著者プロフィール

  • 中村 仁美(ナカムラ ヒトミ)

     大阪府出身。教育大学卒。大学時代は臨床心理学を専攻。大手化学メーカー、日経BP社、ITに特化したコンテンツサービス&プロモーション会社を経て、2002年、フリーランス編集&ライターとして独立。現在はIT、キャリアというテーマを中心に活動中。IT記者会所属。趣味は読書、ドライブ、城探訪(日本の城)。...

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0