Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

IT専門校「バンタンテックフォードアカデミー」、開発プロセスが学べるツール「ABEJA Platform」を導入

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/02/12 12:40

 ABEJAは、バンタンが2020年4月に開校するプログラミング・デザインのIT専門校「バンタンテックフォードアカデミー」に、DX(デジタル・トランスフォーメーション)基盤「ABEJA Platform」を提供することを、2月12日に発表した。

 「ABEJA Platform」は、ディープラーニングの実装および運用において、自動化を可能とするプラットフォーム。バンタンが毎月開催する学校説明会で、参加者がAI開発のプロセスを学ぶためのツールとして利用されている。

 「バンタンテックフォードアカデミー」では、「ABEJA Platform」を使って、AIに興味のある中学生、高校生を対象とした体験授業が、月に1回開催されている。体験授業では、ABEJAがカリキュラムを監修し、「バンタンテックフォードアカデミー」の講師が講義を行う。

 具体的には、「ABEJA Platform」を利用し、新しい写真を見せたときにそれが何の画像であるかを見分けるAI・機械学習モデルの作成過程を体験できる。体験授業を通して、参加者は「AIをつくるお仕事」をより具体的にイメージすることが可能。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0