Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

AI英語学習サービスの開発を最短4カ月で実現できるプラットフォーム、「LINGOS」が提供開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/11/14 14:50

 ジョイズは、同社が運営するAI英会話学習アプリ「TerraTalk(テラトーク)」の技術を応用し、企業や教育機関が自社の英語学習サービスなどのデジタル教材に、AI機能を組み込めるAPIサービス「LINGOS(リンゴース)」の提供を、11月14日より開始した。

「LINGOS」の提供イメージ
「LINGOS」の提供イメージ

 2020年度より学習指導要領が改訂され、英語の4技能学習が本格化されることにより、子ども一人あたりにかかる指導時間がより多く求められるようになる一方、教師の負担を減らすことも急務になっている。

 ジョイズはこれまで「TerraTalk」の授業への組み込みを容易にするため、教科書や参考書との連動を行ってきたが、現場目線の教育改革の推進を目的に「LINGOS」を提供する。

 「LINGOS」は、自社の英語学習サービスなどのデジタル教材にAI機能を搭載できるサービス。今回「TerraTalk」で使われている発音評価や文法解析技術、チャットボットとの会話機能などがAPI(アプリケーションの機能を外部のシステムから使用できる技術)として提供されることで、通常1年から2年を要するAI英会話サービスの開発が最短で4カ月に短縮され、各社オリジナルの教材を製作することが可能となる。

 これにより、教育機関において4技能を学習できるアプリを作成することや、過去の定期試験のデータをもとにアプリ上でテストを行う環境を整えるなど、現場の負担を軽減することができる。

 また、従量課金型(料金は利用機能とユーザー数に応じて決定)で利用できるため、自社開発アプリの規模に応じて柔軟にコスト管理が可能。

 なお、「LINGOS」はすでに、大手教育事業者が提供する4技能学習サービスにて活用されており、10社以上の大手教材企業と協業に向けて取り組みを進めている。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0