Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

アウトプット型学習塾「a.school」と学童保育「CFAKids」が共同で足立区初の探究学習塾を開校

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/11/12 18:40

 アウトプット型・探究学習塾を運営するa.schoolと、私立の学童保育「CFAKids」を運営するChance For All(以下、CFA)は、足立区で初めてとなる小学生向け探究学習塾を開校する。

 近年、探究学習やアクティブ・ラーニング、STEAM教育など、これからの時代に必要とされる新しい学びが注目される中、一部の先進的な私立校や民間学習塾に偏りがちなこれらの学びを、より多くの子どもたちに届けることを目的に、足立区では初めて探究学習塾が開校される。

 a.schoolは、子ども一人ひとりが興味関心の赴くままに、疑問や課題を発見しながら能動的に学ぶ姿勢を育む、アウトプット型・探究学習塾を運営。幅広い職業をテーマにした小学生向けプログラム「なりきりラボ」「おしごと算数」を開発し、全国のパートナー事業者と連携して探究学習の普及に努めている。

 CFAは、「生まれ育った家庭や環境でその後の人生が左右されない社会の実現」を理念に、非営利の学童保育「CFAKids」を5年間で8校舎開校。奨学制度を実施し、就学援助家庭の子どもは保育料金だけでなく、おやつや食事、キャンプなどのイベントの参加料もすべて無料で受け入れるなど、放課後の格差の解消に尽力している。

 今回、a.schoolはCFAと連携することで、学童(遊び)と探究学習塾(学び)の行き来がスムーズになるほか、AIを活用した効率的な教科学習が導入され、子どもの遊び時間が確保される。今後、CFAの学童展開にあわせて、都内を中心に100教室の開校を目指す。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0