Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

プリモトイズ、事例紹介と補助教材で小学校への「キュベット」導入をサポート

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/10/09 13:50

 プリモトイズ日本販売総代理店のキャンドルウィックは、プログラミング教育をスタートする小学校向けに、YouTubeやブログにて導入事例を公開している。また、学習指導要領に沿った教科別指導ヒント集を開発、販売している。

 「キュベット」は、インターネット環境やパソコン・タブレットなしで、グループでコミュニケーションをとりながら学習を進めることができる。このため、プログラミング的思考とともに、問題解決能力やコミュニケーション力といったスキルを身につけることが可能。すでに世界100か国以上で使用され、日本でも公立・私立小学校や特別支援学校、学童施設など100以上の教育機関で導入されている。加えて、その導入事例が、プリモトイズのYouTube公式チャンネルや、ブログで公開されている。

 また、キャンドルウィックが提供している学習指導要領に沿った教科別指導ヒント集には、1年生から6年生まで、国語、算数、生活、理科、社会、図工、総合、特別活動、外国語、各教科での活用ヒントがまとめられている。さらに、指導法DVDと黒板用の大型説明ツールなども含まれているので、プログラミングが初めての先生もすぐに授業を始められる。

 現在発売している小学校向けの教材セットは全部で4種類。学習指導要領に沿った教科別指導ヒント集が付いている「ヒント集&DVD」、授業をより発展させる「指導用補助教材セット(DVD,ヒント集なし)」、上記2つを合わせた「指導用補助教材セット」、「キュベット プレイセット」に指導法DVDと上記の教科別指導ヒント集が付いた「キュベット 小学校向け基本セット」がある。価格は税別でそれぞれ2万2200円、5万9500円、7万8100円、5万1600円となっている。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0