Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

九大生2600名がゲーム感覚で講義を復習、「シンプラZ」のMoodle連携は教育現場で何を変えるのか

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/08/17 15:00

 ゲームを活用した新しい学習法として注目される「シリアスゲーム」。子どもはもちろん、近年では大学生や社会人の学びにも活用されるケースが増えてきた。九州大学ではサイバーセキュリティ基礎の講義において、2016年12月よりNANAROQのゲーム型クラウド教育サービス「シンプラZ」を試験的に導入し、その学習効果などを測定している。8回の講義における、定性定量的な効果の実態と、将来的な意義などについて九州大学サイバーセキュリティセンター長 岡村耕二氏にお話をうかがった。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 伊藤 真美(イトウ マミ)

    エディター&ライター。児童書、雑誌や書籍、企業出版物、PRやプロモーションツールの制作などを経て独立。ライティング、コンテンツディレクションの他、広報PR・マーケティングのプランニングも行なう。

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0