Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

EdTechが「失望期」を乗り越えるために必要なこととは? ICTの利活用には工夫が欠かせない

「私塾界リーダーズフォーラム 2019」レポート

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/07/26 07:00

 2020年の大規模教育改革まで残すところあと1年、さらにモバイル通信システムが5G時代を迎えようとしている今、教育サービスもまた大きく変化しつつある。そんな折、6月3日に開催された「私塾界リーダーズフォーラム 2019」では、学びエイドの廣政愁一氏、KECの北島あすか氏、キラメックスの樋口隆広氏が登壇。「5G時代を見据えたICTの利活用」と題し、それぞれの立場から見たEdTech、ICT導入・活用のポイントと将来における可能性などをテーマに講演およびトークセッションを行った。その模様をレポートする。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 伊藤 真美(イトウ マミ)

    エディター&ライター。児童書、雑誌や書籍、企業出版物、PRやプロモーションツールの制作などを経て独立。ライティング、コンテンツディレクションの他、広報PR・マーケティングのプランニングも行なう。

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0