EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

ジョイズ、AI英会話アプリ「TerraTalk」に英会話力偏差値算出機能を新搭載

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/04/20 10:38

 ジョイズは、同社が運営する英会話学習アプリケーション「TerraTalk(テラトーク)」に、AIがスピーキング力を評価し、偏差値として算出する機能を4月20日に実装する。また、日本体育大学柏高等学校に、「TerraTalk」が本格導入される。

 新たに実装されるスピーキング力の偏差値算出機能では、教育機関が作成した特定の生徒グループに対して、AIとの間で行われた実際の英会話をもとに、文法情報や語彙、発音、流暢さなどを総合的に評価し、グループ内偏差値を算出する。

英会話力偏差値算出機能
新たに搭載されるスピーキング力の偏差値算出機能(管理者画面)

 生徒のスピーキング力を定量的に可視化できるので、英語4技能試験に向けての指導の優先順位付けや教材の難易度調整などが可能となるとともに、クラス分けや授業計画立案にも役立てられる。

 このほか4月20日には、日本体育大学柏高等学校の1~3年生約1100名に対して、「TerraTalk」の英検3級合格レベルを目指す「学校基礎文法コース」や「留学生コース」などが本格導入される。同校は本格導入に先立ち、平成29年7月に「TerraTalk」を試験導入しており、英検合格者数が1.9倍に増加している。


【関連リンク】
ジョイズ
「TerraTalk」
日本体育大学柏高等学校



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0