SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

LPI-Japan、身近なサービスからITの仕組みを学べる「ITベーシック学習教材」の無償提供を開始

 LPI-Japanは、一般教養としてのIT学習教材「ITベーシック学習教材」を、同法人のWebサイトにて7月19日より無償提供することを発表した。

 本教材は、高校・高専・大学・専門学校(専修学校)など各種教育機関での情報教育や、企業における人材育成の支援を目的とした内容となっている。スマートフォンやSNSなど日常的に使われているITサービスを題材にしており、それを実現しているITの仕組みやITと社会との関係性を理解することで、ITの仕組みを楽しくかつ意欲的に学べる。

 さまざまな教育の現場ですぐに使用できるよう、本教材は「本編(HTML形式)」「問題・演習課題(DOC形式)」「講義用スライド(PPT形式)」の3つで構成されている。

 「本編」は、教科書としての利用を想定しており、同法人のWebサイトを通じて無償で提供される。ITの知識がなくても読み進めることができるよう、図やイラストを多用した構成になっている。すでにITの知識がある人にとっても、知識の整理や見直しのために活用することができる。

 「問題・演習課題」「講義用スライド」は、講師用の教材としての利用を前提としており、教材の継続的な改善などを行うコミュニティの理念に賛同し、活動に参加できる人に、これらの教材を無償提供する。おもな対象者は、教育機関や教育事業者、一般企業で講師を務める人、教育推進担当者、IT技術者など。本コミュニティを通じ、さまざまな用途に応じたカスタマイズ版の作成や、アイデアの共有・ディスカッションなどが行われることによって、教育に関わる人のコラボレーションの場となることを目指している。コミュニティへの参加方法については、同法人サイトの「ITベーシック学習教材」問い合わせページより問い合わせることができる。

「ITベーシック学習教材」のイメージ
「ITベーシック学習教材」のイメージ

 なお、本教材は、クリエイティブ・コモンズ(著作権の存在を前提としながら、クリエイターが作品を使い合えるための仕組み)のライセンスに従って提供されており、利用者は使いやすい形に改変して利用することができる。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/7862 2022/07/21 08:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング