SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

「Google for Education」を活用した甲府市の学び

「Google for Education パートナー自治体プログラム」に参画し、市を挙げてICT活用を推進する甲府市

Google for Educationを活用した甲府市の学び 第1回:教育委員会担当者インタビュー

 GIGAスクール構想による端末導入で、全国の自治体がほぼ足並みをそろえる形になった。しかし、その次の段階となる「活用」については、自治体や学校ごとに大きく異なっているのが現状だ。この短期連載では、自治体を挙げてICT活用に取り組んでいる山梨県甲府市の事例を3回にわたって紹介する。第1回では「Google for Education パートナー自治体プログラム」を活用し、Googleと二人三脚でICT活用を進めてきた教育委員会の取り組みとして、甲府市教育委員会 学校教育課 情報化推進係の山主公彦氏に話を伺った。

甲府市教育委員会 学校教育課 情報化推進係 山主公彦氏
甲府市教育委員会 学校教育課 情報化推進係 山主公彦氏

「Google for Education 認定イノベーター」の指導主事が甲府市のICT活用に尽力

 山梨県甲府市は山梨県のほぼ中央にある県庁所在地で、甲斐の名将である武田信玄を祀る甲斐 武田神社を有する甲府盆地に位置する。人口は約18万6000人、市内には25の小学校と中学校11校、高校1校がある。

 約1万2700台のChromebookが市内の小中学校に整備されたのは、2021年4月末のことだった。「年度最初からのスタートとはならなかったが、同年10月1日を甲府市の『ギガびらき』と位置付けて、それまでの5カ月間は教員の準備だけでなく、児童生徒も実際に利用して慣れることを目指した」と山主氏は話す。

Chromebookを活用した甲府市の小学校の授業風景
Chromebookを活用した甲府市の小学校の授業風景

 2021年度に甲府市教育委員会の学校教育課に新設された「情報化推進係」の指導主事を務める山主氏は、2020年度まで市内の中学校で技術家庭科教員を務めており、その際に「Google認定教育者」のレベル1とレベル2の資格を取得していた。さらに、2021年度は「Google for Education 認定トレーナー」と、難関とされる「Google for Education 認定イノベーター」の資格も取得し、さらにGoogle教育者グループのひとつ「GEG甲府」のリーダーとして地元・甲府を中心にGoogle for Educationを活用する教育者のサポートを行っている。

教職員のICTスキル向上を目指し「Google for Education パートナー自治体プログラム」に参画

 甲府市は、2021年10月からGoogle for Education パートナー自治体プログラムに参画した。このプログラムは「ChromebookやGoogle for Educationツールを使用し、革新的な学習環境づくりに取り組み、全国のICTリーダーを目指す自治体を支援する」もので、パートナー自治体はGoogle社のGoogle for Educationチームと協力してICTの活用推進を行っていく。さらに、ICT活用先進校の「Google for Education 事例校」である甲府市立城南中学校を中心に、市全体のICTスキルの底上げを図るとともに、市内外へ活用事例の発信をする。

 「甲府市としてChromebookの導入が決まった際、GIGAスクール構想に関する膨大な資料を検討していく中で、私たちが描くGIGAスクール構想のあり方に最もマッチしたのが、Google for Education パートナー自治体プログラムだった」と、山主氏は参画の経緯を振り返る。特に決め手となったのが、Google for Educationチームから直接の協力を得られることと、教員向け研修の「Kickstart Program」だ。

 「GIGAスクール構想においては多くの課題があったが、一番の課題であったのが、市内に約1000人いる教職員のICTスキルだった。幅広い年齢層の教員がおり、『1人1台の端末をきちんと授業で使えるのか』という不安を解消するために、実際に端末を活用する研修機会を増やす必要性を感じていた。私自身も各校をまわって研修を行っていたが、良質なKickstart Programの研修は現場の教員からも非常に好評だった」と山主氏は話す。

甲府市で実施された教員研修
甲府市で実施された教員研修

 さらに山主氏は、もうひとつの魅力であった「Google for Educationチームと直接つながり合えること」について、「教育委員会として特に感じたメリットが、このプログラムに参画することで、全国の自治体のトレンドや、Googleの取り組みなどをスピーディに情報共有でき、大きな刺激にもなることだった。Google for Educationチームの担当者が毎月のミーティングにオンラインや対面で参加し、強力にサポートしてくれたため、『甲府市としてやってみたい』ことをすぐに相談でき、二人三脚で共に進んでいるように感じた」ことを挙げた。

 その一例が城南中学校での取り組みだ。「週に1回、校内のICT部会にもGoogle for Educationチーム担当者が参加し、学校からの『このようなことをしたい』という希望を直接話すことができた。安心感と同時に、ここまでしてくれるのかと驚きも感じた」という。

 ※城南中学校の取り組みについては、連載2回目で詳しく紹介する。

次のページ
児童生徒もGoogleの研修を受ける「甲府市ジュニアICTリーダー」

この記事は参考になりましたか?

「Google for Education」を活用した甲府市の学び連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

相川 いずみ(アイカワ イズミ)

 教育ライター/編集者。パソコン週刊誌の編集を経て、現在はフリーランスとして、プログラミング教育やICT教育、中学受験、スマートトイ、育児などの分野を中心に、取材・執筆を行っている。また、渋谷区こどもテーブル「みらい区」を発足し、地域の子ども達に向けたプログラミング体験教室などを開催している。一児の...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です


森山 咲(編集部)(モリヤマ サキ)

EdTechZine編集部所属。好きな言葉は「愚公移山」。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です


この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/7322 2022/04/25 07:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング