SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

ニュース

ECC、中学校・高校対象の新サービス「VR留学体験プログラム」を発売

 ECCは、中学校・高校が対象の、VR(仮想現実)を活用した新サービス「VR留学体験プログラム」の販売を、1月11日に開始した。

「VR留学体験プログラム」
「VR留学体験プログラム」

 コロナ禍でも約4割の高校生が海外留学に興味を持つなど、若年層の海外や留学への興味関心は高い一方で、コロナ禍や諸事情で簡単にはその機会が得られないという現状がある。同社はそのような課題解決のため、また留学の事前準備や英会話の実践の場の提供などを目的として「VR留学体験プログラム」の開発に至った。

 定員5名までの少人数クラスのため、しっかり発話時間を確保することができ、またVR空間の中では仮想キャラクターとの定型会話の練習も行える。ECCでトレーニングを積んだ専任の外国人講師がレッスンを担当し、場面に合わせて講師がアバターを変更してホストファミリーになるなど、よりリアルな体験ができる。

 従来の英語学習では、イメージベースでの英会話レッスンが中心だったが「VR留学体験プログラム」では、さまざまなジェスチャーや海外の雰囲気を楽しみながら会話練習ができ、インプットの質が向上する。物を持つ、渡すといったジェスチャーをしながら英会話体験をすることで、学びの定着が期待できる。

 全4回それぞれのレッスンテーマに即した空間が提供され、よりリアルな体験によって効果的な学習効果を狙う。

 「VR留学体験プログラム」の対象は中学校と高校。1回40分のレッスンが全4回提供される。定員は1レッスン5名まで(最低開講人数2名~)。費用は、VR機器の使用料含めて、1名につき1万4000円。

関連リンク

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6902 2022/01/12 07:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング