SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

中央大学の学生、VRを利用した英会話カリキュラムを作成して授業を実施

 米Immerseは、中央大学国際情報学部(iTL)の斎藤ゼミと共同で、学生同士がバーチャル空間内で教え合う自走型英語学習の共同検証を実施したことを、12月27日に発表した。

 同検証では、英語が得意な斎藤ゼミの3年生4名に「immers」プラットフォームのライセンスを提供。バーチャル空間を使ったタスクベースのVRレッスンカリキュラムを自分たちで創造し、英語学習に興味のある同ゼミ2年生の学生8名にレッスンを提供する「学生自走型のVR学習」を行っている。

VR空間内に作成されたファストフード店でオーダーの練習をする生徒たちの様子
VR空間内に作成されたファストフード店でオーダーの練習をする生徒たちの様子

 過去にVRレッスンをプロの講師から受けたことのある学生がレッスンカリキュラムを自分自身で考案・作成して、「immers」プラットフォームの空間やオーサリング(レッスンプランの自由編集)機能を使いながら生徒自身がレッスンを考案・実施するというアプローチで検証を実施した。

 その結果、教える側も教えられる側も両方でよりアクティブなラーニングとなり、今回生徒側として受講した8人の学生が、レッスンに対する平均満足度も4.6(5点満点中)と非常に高い結果となっている。

 VR英語教育プラットフォーム「immerse」は、英会話スクールや高校・大学といった教育機関がバーチャルシーン上で英語学習カリキュラムの作成やアバターを使ったレッスンが可能で、講師はパソコンから、生徒はVRHMDやパソコンの両方から参加できる。また、バーチャル空間を用いたタスクベースの英語学習カリキュラムを、難しいスキルなしで直感的に作成・保存できる。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6854 2021/12/28 12:45

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング