EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

「U-22プログラミング・コンテスト2021」、最終審査会で各賞が決定

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/11/25 13:25

 U-22プログラミング・コンテスト実行委員会は、「U-22プログラミング・コンテスト2021」の最終審査会を11月21日に開催し、経済産業大臣賞をはじめとする各賞を決定した。最終審査会は前年同様、新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し、制作者はオンラインで参加している。

「U-22プログラミング・コンテスト2021」経済産業大臣賞の受賞者
「U-22プログラミング・コンテスト2021」経済産業大臣賞の受賞者

 今回の経済産業大臣賞受賞作品は、総合部門には既存のモデリングアプリの複雑さに着目し、誰でも容易に扱えるようにした「Chokoku CAD」(船橋一汰さん:一宮市立大和中学校)、プロダクト部門には自身の体験をもとに、障がい者と健常者、両サイドの視点から、専門施設にヒアリングし、テスト・検証を重ねたヘルプマーク支援アプリ「ヒトコエ」(m×さん:HAL名古屋)、テクノロジー部門には限られたプレゼンテーション時間内に実装した機能・アピールを論理的な説明で盛り込んだ静的型スクリプト言語「Kirl」(大塚真太朗さん:九州工業大学)、アイデア部門には「音」の可能性を広げたいという想いで制作された「次世代の音楽フォーマット」(黒田和暉さん:広島大学)が、それぞれ選ばれた。

 経済産業省商務情報政策局長賞では、プロダクト部門に「Kanade」(松本大智さん:慶應義塾志木高等学校)、「In a Maze」(tresEさん:新潟コンピュータ専門学校)、テクノロジー部門に「HeartRecorder」(寺田縁さんと後藤雅弥さん:熊本県立大学 飯村研究室)、「自作言語を用いたプログラミング授業システム」(長尾卓さん:名城大学)、アイデア部門に「ちぎれるディスプレイ」(荒巻美南海さん:東京大学)、「感染シミュレータ」(鈴木沙奈さん:白百合学園小学校)が選ばれている。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0