SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

映像教材「システムASSIST」、中学生向け「英単語シャッフルテスト」を改訂

 映像授業と学習システムを開発提供する青山英語学院は、「システムASSIST」に搭載されている「英単語シャッフルテスト」を改訂し、10月1日にリリースした。

 「システムASSIST」はクラウド型の学習教材・管理システムで、インターネット環境のある場所なら、パソコンやタブレット、スマートフォンなど端末を問わずに使用できる。約6万5000件の映像コンテンツを収録しており、小学生から高校生まで、主要5科目を提供する。また、生徒の学習を支援・管理する機能も搭載されている。

 「英単語シャッフルテスト」は、「システムASSIST」のデータベース内に保管された教科書ごとの英単語から、指定した範囲の問題の順番をランダムに変更して問題を作成する簡易問題作成ツール。教科書のページ数を入力すると、該当の単語が表示され簡単にテストを作ることができる。同じ条件で作成しなおせば、問題順番がシャッフルされ、合格するまで何度でもやり直しができるため、最終的に単語が身につくようになる。

 2021年の中学教科書改訂に伴い、英単語を新しく搭載。また、従来の英単語シャッフルテストには教科書の新出単語のみの搭載だったが、今回新たに前学年の既習単語や重要表現・イディオムなども追加された。

「英単語シャッフルテスト」
「英単語シャッフルテスト」

 ほかにも、英検、漢検、理科・社会の用語テストの問題が搭載されており、生徒の暗記用テストとして活用できる。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6392 2021/10/04 08:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング