EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

プログラミングスキルを評価する「paizaスキルチェック」、総受験回数が1500万回を突破

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/09/08 14:00

 paizaは、同社が提供する転職・就職・学習プラットフォーム「paiza(パイザ)」における独自のプログラミングスキル評価システム「paizaスキルチェック」の総受験回数が、1500万回を突破したことを9月7日に発表した。

 「paizaスキルチェック」は、オンライン上で実際にコーディングテストを行い、受験者のプログラミングスキルをS~Eの6段階で客観的に可視化する。問題はすべてオリジナルで、膨大な受験データをもとに絶えず精査しており、高いスキル判定精度を実現してる。

 ユーザーは、ここで得た客観的なスキル評価を元に、自身に合った転職、就職、学習サービスを利用できる。また、同スキルチェックは現在までに、2000社以上で活用されている。

 あわせて同社は、「paizaスキルチェック」総受験回数1500万回突破を記念して、「paiza転職」の位置づけをわかりやすく伝える「正社員ITエンジニア向け採用サービス」のカオスマップを作成した。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0