EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

ネットワンシステムズ、GIGAスクール構想に向けて福島市立小中学校48校のSD-WAN環境を構築

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/01 07:00

 ネットワンシステムズは、GIGAスクール構想の加速に向けて福島市立学校48校(小学校29校、中学校19校)のSD-WAN環境を構築したことを、5月27日に発表した。本環境は4月から稼働している。

 福島市立の小中学校では、GIGAスクール構想に向けて約2万人の児童生徒にタブレット端末を配布し、4月からインターネットを活用した新しい授業形式「福島型オンライン授業」を開始している。一方で、各校からインターネットに接続する際は、セキュリティ強化のためにWANおよびデータセンターを経由しており、通信量の増加によって帯域が逼迫されることが課題だった。

 今回整備された環境は「Cisco SD-WANソリューション」によって構成されており、授業で発生するインターネット通信を統制することで、逼迫の解消・体感速度の向上を実現する。

整備されたSD-WAN環境の概要図
整備されたSD-WAN環境の概要図

 具体的には、授業で多く活用するWebサイト(教育用動画サイトや授業支援ソフト、調べ学習など)の通信は、ローカルブレイクアウト機能によってWANおよびデータセンターを経由することなく、新たに用意したインターネット回線から直接接続するダイレクトインターネットアクセス環境を実現。これにより、教育用デジタルコンテンツの体感速度が向上する。

 データセンターを経由する必要があるWebサイトは、従来同様にWAN経由でデータセンターへ接続し、堅牢なファイアウォールを介して固定IPアドレスによってインターネットに接続することで安全性および身元を担保する。先述のローカルブレイクアウトによって帯域に余裕があるため、本通信においても教育用デジタルコンテンツの速度向上が見込まれる。

 さらに、各校に設置したSD-WANルーターは高度なファイアウォール機能も有しており、専用のファイアウォール製品を用意することなくセキュリティ対策を実装できる。ルーターは専用の管理クラウドから一元管理可能で、アプリケーションの帯域制御やセキュリティ設定の変更などを現地に赴くことなく適用し、運用負荷を軽減する。

 なお今回のSD-WAN環境の整備では、コスト最適化の観点により、福島市立学校全68校の中でも児童生徒の数が多い48校にSD-WANによるローカルブレイクアウトを適用し、他20校は帯域に余裕が生じたWANおよびデータセンター経由でインターネットを利用する形式としている。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0