EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

東京都調布市、1人1台端末のWebフィルタリングに「InterSafe GatewayConnection」を採用

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/03/09 11:10

 アルプスシステムインテグレーションは、東京都調布市がGIGAスクール構想で整備を進める1人1台学習端末のWebフィルタリングに、同社のクラウド型セキュアWebゲートウェイサービス「InterSafe GatewayConnection(インターセーフゲートウェイコネクション)」が採用されたことを、3月4日に発表した。

 調布市では、各学校において全児童・生徒への学習端末の貸与が進み、小学校ではiPadが、中学校ではChromebookが貸し出されている。持ち帰り学習や遠隔授業ができるよう、いずれの端末もLTE回線に対応している。

 このようなICT環境の整備にあたって、児童・生徒が不適切なサイトにアクセスするのを防ぎ、安全な学習環境を確保すべく、調布市が整備する1万2050台のiPadと、4650台のChromebookに「InterSafe GatewayConnection」が採用された。

 「InterSafe GatewayConnection」は、「いつでも」「どこでも」「どんな端末でも」安全なインターネット利用を可能にするクラウド型セキュアWebゲートウェイサービス。Windows/iOS/Chrome OSに対応しており、クラウドによる一元管理に対応する。

「InterSafe GatewayConnection」の利用イメージ
「InterSafe GatewayConnection」の利用イメージ

 教育段階にあわせて、学校や学年ごとにフィルタリングルールを設定でき、曜日や時間帯に応じたスケジュール設定や、学習に必要なYouTubeチャンネルのみ視聴を許可するといった、多彩な機能を備える。

 なお、アルプスシステムインテグレーションでは、GIGAスクール構想向けにWebフィルタリング製品を特別価格で提供するキャンペーンも実施している。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0