EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

小学生の5割、中高生の8割が資格を保有――人気は英検・漢検

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/01/21 07:00

 栄光は、同社が運営している進学塾「栄光ゼミナール」が、小学1年生~高校3年生の子どもを持つ保護者を対象に実施した、小中高生の資格・検定取得に関する調査の結果を1月20日に発表した。

 同調査は、12月9日~23日の期間に行われ、753名から有効回答を得ている。

 調査対象者に、自身の子どもが現在取得している検定や資格があるかを尋ねたところ、小学生の保護者の54.1%、中高生の保護者の85.2%が「ある」と回答した。2019年に行われた同様の調査との比較では、資格・検定があると回答した割合が、小学生の保護者では0.3ポイント、中高生の保護者では4.8ポイント増加している。

現在、子どもが取得している検定や資格はありますか

 子どもが取得している資格・検定があると回答した保護者対して、取得している資格・検定の種類を尋ねた質問(複数回答)では、小学生では「日本漢字能力検定(漢検)」がもっとも多く、「日本英語検定(英検、英検Jr.)」がそれに続いた。中高生では「日本英語検定(英検、英検Jr.)」が最多で、取得者は資格・検定を取得している中高生のうち85.2%に達している。

子どもが取得している資格・検定の種類を教えてください

 同じく子どもが取得している資格・検定があると回答した保護者に、資格・検定取得の目的を尋ねたところ(複数回答)、小学生の保護者の63.8%が「学習や習い事で身につけた知識やスキルの定着度合いを測るため」と回答しており、中高生の保護者では「入試に役立てるため」(60.5%)がもっとも多かった。

子どもが資格・検定を取得する目的を教えてください

 子どもが資格・検定を取得していない保護者に、その理由を尋ねた質問では、小学生の保護者では「資格・検定の勉強よりも、学校での学習や受験勉強を優先しているから」が最多となった。中高生の保護者では「資格・検定取得に対する子どもの興味・関心があまりないから」「部活や習い事で忙しく、資格・検定を取得する余裕がないから」という理由も多かった。

子どもが資格・検定を取得していない理由を押してください

 子どもの資格・検定の取得における、新型コロナウイルス感染症の影響を尋ねたところ、小学生の保護者の21.7%、中高生の保護者の36.2%が「影響があった」と回答する一方で、小学生の保護者の21.4%、中高生の保護者の36.2%が「検定・資格を取得予定だったが、影響はなかった」と答えている。

子どもの資格・検定取得について、新型コロナウイルスの影響はありましたか

 子どもの資格・検定の取得に新型コロナウイルス感染症の影響があったと回答した保護者に、具体的な影響の内容を尋ねた質問(複数回答)では、小学生では「一度も受けられていない」「複数受験する予定が、回数が減ってしまった」「受験を取りやめた」がそれぞれ3割程度だったが、中高生では半数以上が「複数受験する予定が、回数が減ってしまった」と回答した。

新型コロナウイルスにより、どのような影響がありましたか

 今後、子どもが小・中・高生の間に取得してほしい資格・検定としては、小学生・中高生ともに「日本英語検定(英検、英検Jr.)」がもっとも多い。前回調査と比較すると小学生の保護者では4.0ポイント、中高生の保護者では8.5ポイント増加している。

今後、子どもが小学生~高校生の間に取得してほしい資格・検定の種類を教えてください

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0