EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

新型コロナ禍での受験対策、多くの母親は学習の遅れよりも感染症への罹患が心配

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/12/24 14:35

 マンダムは、受験生の子どもを持つ母親を対象に実施した、「コロナ禍の受験対策に対する意識」の結果を12月23日に発表した。

 同調査は、受験生の子どもを持つ30~54歳の母親433名に対して、12月に行われている。

 調査対象者に、新型コロナ禍での受験対策について、不安・不満に思っていることを尋ねたところ、学習の遅れ以上に感染症罹患への不安が大きいことがわかった。また、7割近くが受験生本人と同居家族の罹患を、同等に心配している。

新型コロナ禍での受験対策について、不安・不満に思っていること

 手洗い・うがい以外の感染症予防対策を行っているかを尋ねた質問では、88%が行っていると答えた。具体的な対策としては、「換気」「手指消毒」「身の回りの除菌」を挙げる回答が多かった。なお、「ソーシャルディスタンスを保つ」「家の中でマスクをつける」は2割程度に留まっている。

手洗い・うがい以外の感染症予防対策を行っているか/実際に行っている対策

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0