EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

あらゆる人にデータ活用のセンスが求められる時代に、SASが取り組む「教育支援」とは

SAS FORUM JAPAN 2020レポート(前編)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/01/19 07:00

 SAS Institute Japan(SAS Japan)は11月25日に「SAS FORUM JAPAN 2020」を開催した。同イベントは例年、都内の会場でリアルイベントとして開催されてきたが、今年は新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、完全なオンラインイベントとして実施された。ビデオ配信で行われた60以上のセッションは、業種やテーマに沿った8つのトラックで構成。「アカデミック」トラックでは、近年、政府の教育政策においても重視されている「データサイエンス人材」の育成に向けた取り組みと事例が多数紹介された。

日本の教育現場に求められるAI人材像

 アカデミックトラックでは、SAS Japan アカデミア推進室 アカデミック・プログラム・マネージャーの竹村尚大氏が「アナリティクスの学びが拓く未来」と題し、SAS Japanの教育支援における取り組みを紹介した。

SAS Japan アカデミア推進室 アカデミック・プログラム・マネージャー 竹村尚大氏
SAS Japan アカデミア推進室 アカデミック・プログラム・マネージャー 竹村尚大氏

 コンピュータで高度な統計分析を行うためのパッケージソフトとして生まれたSAS(サス)は、社会における「データ」の重要性と価値の増大に合わせ、データからインテリジェンス(知見)を導き出すためのアナリティクスプラットフォームとして急速に進化を遂げてきた。SASでは「データがあふれる世界を、インテリジェンスに満たされる世界に変える」というビジョンを掲げており、同時に「世界を変える」ために不可欠な要素として、世界規模で教育活動への支援に力を入れている。

 特に日本では、数理、データサイエンス、AIに関する基礎的能力を備えた人材の育成が、政府によるICT戦略の主要テーマに位置付けられており、初等から高等までのあらゆる教育機関において、環境整備、カリキュラムの拡充といった、大規模な取り組みが進められている(文部科学省「AI戦略等を踏まえたAI人材の育成について」)。

日本でいま進められている教育改革
日本でいま進められている教育改革

 「データサイエンスやAIの教育に、これほど大規模な取り組みが必要なのかという意見もあるが、結論を言えば『Yes』だ。AIやアナリティクスの実用化にあたっては、そのライフサイクルの中で、さまざまな知見を持つ人材のコラボレーションが不可欠となる。すべての人が専門的なスキルを持たなくてもよいが、それぞれの立場からライフサイクルの全体像をイメージできることが求められる。今、日本の教育現場に求められるのは、そうした全体像を捉えられる人材の育成だ」(竹村氏)


関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 高橋 美津(タカバシ ミツ)

    PCやネットといったIT分野を中心に、ビジネスやゲーム分野でも執筆を行うフリーランスライター。Windowsユーザー。

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0