EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

クラウド型授業支援システム「schoolTakt」、協働学習を促進するシンキングツール機能を追加

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/10/15 17:04

 コードタクトは10月15日、クラウド型授業支援システム「schoolTakt(スクールタクト)」において、シンキングツールの提供を開始した。

 シンキングツールとは、自分の頭の中にある思いや考えを視覚的に表現するためのツールで、schoolTaktではベン図やピラミッドチャートなど21種類の作図に対応している。

 これにより思考の可視化が容易となり、昨今注目を集めている学生同士がリアルタイムに学びあう「協働学習」を行いやすくなる効果が期待される。

 先生は、schoolTaktの課題テンプレートから目的のシンキングツールを選び、ボタンを押すだけで、課題の作成や児童生徒への配布を行える。テンプレートをもとにカスタマイズして配布することもできる。

課題テンプレートの選択画面
課題テンプレートの選択画面

 また、入力方法も手書きやテキスト入力など、学生のスキルに応じた方法を選ぶことができ、書き込むスペースを自在に調整できるなど、スムーズな学習活動を行えるように工夫されている。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0