EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

プログラミング教育向けマイコンボード「micro:bit」の新バージョンが発表、スピーカーとマイク、タッチセンサーを搭載

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/10/14 12:10

 Micro:bit教育財団は、プログラミング教育向けマイコンボード「micro:bit(マイクロビット)」のバージョンアップを10月13日に発表した。日本国内向けには、スイッチエデュケーションが、11月下旬から12月上旬に新バージョン「micro:bit v2.0」を販売開始する予定。

 micro:bitは、イギリスのBBCが主体となって作ったプログラミング教育向けのマイコンボード。子どもたちが論理的思考能力を身に着けられるようにデザインされており、日本では2017年8月5日に販売を開始し、2020年9月末までに約9万台を販売している。

 これまでmicro:bit本体にはスピーカーが搭載されておらず、別途接続する必要があった。新しいmicro:bitでは、本体にスピーカーとマイクが搭載されており、音声の入力をトリガーにしたプログラミングも可能となる。また、タッチセンサーも追加され、本体表面のロゴがその役割を果たしている。

 ほかにも、ワニ口クリップを挟みやすいように改良されたエッジコネクターや、電源のオンオフを示すLEDの搭載、アンテナ部分の形状変更、電気が供給されている状態でmicro:bitの電源をオンオフできるスリープ機能が追加された。さらに、接続した外部モジュールに供給できる電流も90mAから200mAに増加している。

新バージョンの変更点と新機能
新バージョンの変更点と新機能
10月13日夕方に開催されたオンラインイベント「Type_TのTT 参加祭 『新』micro:bitで遊ぼう」では、早速ハンズオンが行われた。左から、スイッチエデュケーション 小室真紀氏、みんなのコード 利根川裕太氏、TFabWorks 高松基広氏。
10月13日夕方に開催されたオンラインイベント「Type_TのTT 参加祭 『新』micro:bitで遊ぼう」では、早速ハンズオンが行われた。左から、スイッチエデュケーション 小室真紀氏、みんなのコード 利根川裕太氏、TFabWorks 高松基広氏。
左が新バージョン「micro:bit v2.0」、右が現行バージョン「micro:bit v1.5」
左が新バージョン「micro:bit v2.0」、右が現行バージョン「micro:bit v1.5」
タッチセンサーに対応した新しいプログラミングブロック
タッチセンサーに対応した新しいプログラミングブロック

 スイッチエデュケーションは11月下旬から12月上旬に「micro:bit v2.0」の発売を予定しており、それと同時に現行の「micro:bit v1.5」は販売を終了する。新バージョンの販売価格は未定だが、「現行バージョンに近い価格での販売を予定している」(スイッチエデュケーション 小室氏)とのこと。

 なお、「micro:bit v1.5」は「micro:bit v2.0」発売後も、同じ開発環境を使って継続して使用することができる。

【関連記事】
8~24歳の女性向けプログラミングイベント「AWS Girls’ Tech Day」開催、参加者募集
ライフイズテック、中高生対象のオンラインプログラミングキャンプを12月に開催
小学校の先生がプログラミング教育の実践を発表する「ONLINE明日会議」、10月31日に開催
プログラミングのオンライン学習サービス「paizaラーニング」、学校向け無料プランの導入実績が250校を突破
家庭でのプログラミング教育を約9割が実施せず、親世代に「自分では教えられない」意識

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0