EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

オンライン授業、大学生等は90%以上が受講した一方で小学生では約15%に留まる【マカフィ―調査】

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/10/09 06:00

 マカフィーは、新型コロナウイルス感染症の影響下における、在宅勤務状況および子どもの学習状況に関して、IT、セキュリティの観点から実施した「コロナ禍におけるIT利用やセキュリティに関する調査」の結果を、10月6日に発表した。

 同調査は、国内の18歳以上65歳未満の男女1356名を対象に、9月10日~14日の期間に行われている。

 同調査によれば、通学できなかった期間に、対象の41.9%がオンライン授業を「受けた」と答えており、専門学校・短大・大学生は91.6%がオンライン授業を「受けた」と回答した。それに対して、小学生は15.1%、中学生は26.8%、高校生は45.9%に留まった。

通学できなかった期間、あなた/あなたのお子様はオンラインで授業を受けましたか(全体)
通学できなかった期間、あなた/あなたのお子様はオンラインで授業を受けましたか(全体)
通学できなかった期間、あなた/あなたのお子様はオンラインで授業を受けましたか(専門学校・短大・大学生)
通学できなかった期間、あなた/あなたのお子様はオンラインで授業を受けましたか(専門学校・短大・大学生)

 オンライン学習時のデバイス利用については、子ども専用のパソコンを使用している割合が、大学生などでは67.3%だった。それに対し、小学生~高校生の約3割は家族のパソコンを使用したと回答しているほか、スマートフォンを利用したという回答もみられる。

 インターネット利用やオンライン学習の際、保護者の心配な点としては、「先生や学校による授業の質の差」がもっとも多かった。そのほか「ゲームをしていないか」「サイバー犯罪に遭わないか」などの意見が寄せられた。

あなた/あなたのお子様がインターネット利用やオンライン学習をする際、どのような点が心配でしたか。当てはまるものを全て選択してください
あなた/あなたのお子様がインターネット利用やオンライン学習をする際、どのような点が心配でしたか。当てはまるものを全て選択してください

 監視用ソフトウェアに関する質問では、「ウェブサイトやコンテンツのフィルタリング機能を使用」と回答した割合が最多だった。一方で、「設定しなくても問題ない」「よくわからないため、設定していない」「そのようなソフトウェアについて知らない」といった意見もみられた。

子供のインターネット利用に際し、不正や遊び過ぎていないか、不適切なコンテンツを利用していないかなどを監視するためのソフトウェアや機能を使用していますか
子供のインターネット利用に際し、不正や遊び過ぎていないか、不適切なコンテンツを利用していないかなどを監視するためのソフトウェアや機能を使用していますか

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0